クマ坊の日記

人材育成とビジネスとサッカーが中心のブログです

ビジネススキル

【ビジネススキル】優れたビジネスモデルの条件

ビジネスモデルという言葉は、聞き慣れた単語になりましたが、誕生したのは20年前ぐらいです。もちろん、もっと昔から人間は商売の形を考えていたので、あくまでビジネスモデルとい言葉が定義されたというだけですが。今日はビジネスモデルの条件について考…

【ビジネススキル】マーケティングの基本はSTPP

市場や顧客を理解することは商売の基本です。マーケティング理論を理解することは、その第一歩となります。今日はマーケティングの基本知識であるSTPPについて考えてみたいと思います。 フィリップ・コトラーが提唱 Segmentation Targeting Positioning マー…

【ビジネススキル】インプットした情報を、新規事業開発でどのように活かすか

昨日は、新規事業を検討する前にインプットが大切だよとお伝えしました。今日はインプットした情報をどのように最大化すればいいかを考えます。 アイデア、ニーズ、シーズの3ルート マーケットインで考える場合の留意点 アイデア先行の場合は? アウトプット…

【ビジネススキル】新事業を検討する前に必要な、6つのインプット

新規事業を考える際に、最初のステップとしてやりがちなのはブレーンストーミングです。アイデアが沢山出ないことには話しにならないからと考えるからです。100個のアイデアと3個のアイデアであれば、良いアイデアは前者から生まれてくる可能性が高いですか…

【ビジネススキル】研修講師の聴く技術

私の生業は、企業の人材育成支援です。イメージしやすいのは、管理職研修や新入社員研修です。一回の研修における受講者は20人ぐらいになります。一方的に話だければ楽なのですが、そんな研修したら仕事が入りません。双方向性がお客様からは期待されます。…

【マネジメント】メンバーの意見を引き出す

私の会社でも多くの会議があります。なかには間の抜けたファシリテーターもいます 話し合いが目的なのに、参加者から全く意見が出てこない。このような場合は大抵はファシリテーターの質問の仕方が駄目だったりします。今日は参加者の意見を引き出す質問の仕…

【ビジネススキル】イノベーターは希少種

企業はSXやDXへの対応が求められています。そのため、社内で変革を起こせる人材やチームに対する関心が高まっています。裏を返せば、そのようなイノベーションを起こせる人材やチームの不足を経営者は感じているようです。でもイノベーションを起こせる人材…

【ビジネススキル】話が脱線したら、早めに介入する

職場や研修会場でファシリテーターを務める時に、毎回ドキドキするのが「介入」する技術です。今日はファシリテーションにおける介入スキルについて考えてみます。 人は思いついたことを話さずにはいられない 一度に議論できるのは1テーマ 早め早めの介入を…

【ビジネススキル】職場の話し合いで、ちゃぶ台返しを受けないテクニック

前回ファシリテーションの重要性についてお伝えしました。極論すれば、優秀なメンバーと話し合いの場を準備できれば勝手に化学反応を起こしてアウトプットを出してくれます。でも、テーマにあった人材を集めるのは大変です。最終的には、ファシリテーターの…

【ビジネススキル】ファシリテーションは準備で決まる

前回の記事で、マネジメントの期待領域が増えていて、ワークショップ型のチーム運営も求められる時代だと書きました。その中でクローズアップされるのがファシリテーションスキルです。今日はファシリテーションの構造について考えてみたいと思います。 ファ…

【マネジメント】管理職が曖昧なゴールを設定する理由

私の生業は企業の人材育成支援です。イメージしやすいのは、管理職研修や新入社員研修です。管理職研修で扱うテーマは年々多岐に渡ります。マネジメント、リーダーシップ、戦略やマーケティング、人事考課、コンプライアンス・・・私自身も管理職であります…

【マネジメント】対立もマネジメントする

多くのビジネスパーソンを悩ますのが職場の人間関係です。仕事は好きだけど、職場は嫌いなんて人もいるのではないでしょうか。企業はますますダイバーシティを高めていきます。様々な価値観の人が増えれば、職場での体力も余計に増えることになります。現在…

【社会】服を売らないアパレルブランド

エシカル消費という言葉を聞いたことはあるでしょうか?人や社会や環境に配慮した消費行動を指します。まだまだ日本では、消費者の選択行動に大きな影響を与えるまでにはなっていませんが、欧米、特にZ世代を中心に大きな変化が見られます。今日はエシカル消…

【ビジネススキル】仮説を立てる

「思考を停止するな」「顧客の立場で考えろ」は私の師匠から直接指導された言葉です。組織文化として根づいていた言葉としては、「仮説を立てろ」でした。この言葉は若い時にあらゆる先輩から言われ続けたキーワードでした。今日は仮説思考について考えてみ…

【マネジメント】ブリコラージュ仕事術

リソースが潤沢な管理職に私は出会ったことがありません。私自身も現役の管理職でもありますが、リソース不足で苦労しています。そんな管理職が身につけておくと重宝するのがブリコラージュな仕事術です。ネーミングは私の造語です。 ブリコラージュとは リ…

【ビジネススキル】仕事のイヤイヤに効くリフレーミングスキル

私の生業は企業の人材育成支援です。イメージしやすいのは、会社で実施される管理職研修や新入社員研修等の企画と実施です。私は今の仕事を天職だと感じていますし、やり甲斐も感じています。幸せなビジネス環境ですが、組織に属している以上、気が乗らない…

【ビジネススキル】経験は陽気に振り返る

このブログでは、何度も取り上げている「経験から学ぶ力」人の成長の7割は現場経験とされています。そして、経験を振り返る力によって成長度合いは人によってことなります。今日は振り返る力をさらに詳しく考えてみたいと思います。 振り返りには陽気に行う …

【ビジネススキル】忌憚のない意見なんて簡単に出るわけがない

先日、社内のある委員会の会議に出席した時の残念なお話です。ファシリテーションの悪い事例です。今日は会議運営のスキルについて考えてみたいと思います。 [:contents ] 忌憚のない意見ありませんか? 部門横断型のボトムアップの活動の委員会に参加してい…

【ビジネススキル】戦略も組織も最後に決めるのは人!

6月は株主総会の真っ只中です。各社、新たな中期経営計画を発表しています。コロナに続いてウクライナでの戦争、急激な円安など外部環境は目まぐるしく変化しています。今日は企業の戦略について考えてみたいと思います。 VUCAの時代なんてない アンゾフ先生…

【ビジネススキル】私たちの物事の見方は、どのように形成されるのか?

財布の中に千円が入っていたとして、それに対して千円しか入っていないと考えるか、千円も入っているかと考えるかで、その人の行動は180度変わります。前者であれば、ならべくその日は出費しないよう節約するでしょう。逆なら千円で何ができるかワクワクしな…

【ビジネススキル】三人寄れば文殊の知恵の発動条件

三人寄れば文殊の知恵という言葉があります。「凡人でも三人集まって相談すれば、素晴らしい知恵が出るものだと」いう意味です。しかし、実際のビジネスの場ではそうでもない場合も多かったりします。今日はアイデアの創出について考えてみたいと思います。 …

【マネジメント】管理職の聴き方と声のかけ方

マネジメントを行う上で職場のコミュニケーションはとても重要です。そんなことは、働いた経験がある方は誰でも分かっている話です。しかし、実際にはコミュニケーション上手な管理職とそうでない人で分かれます。その差は、ほんのちょっとした聴き方の差だ…

【ビジネススキル】あなたの職場は「声かでてますか?」

ちょっと前のサンデースポーツで、巨人のヘッドコーチの元木さんと、元阪神の藤川球児のスペシャル対談が放送されました。普段は野球に興味ないのですが、内容が面白く見入ってしまいました。今日はその時に感じたお話です。 10連敗のベンチ 強かった時代の…

【人材育成】読書の力

皆さんは月に何冊ぐらいの本を読まれますか?私は月3冊から5冊といったところです。学生時代から読書は好きだったのですが、大人になってから意識的に読書習慣をつけるようにしました。今日は読書と人材育成の関係について考えてみます。 本を読む人は、2人…

【ビジネススキル】オープンイノベーションは想いと熱意と権限

新規事業や新商品を開発する際の手法として、注目を集めているのがオープンイノベーションです。その勢いは増すばかりで、ビジネス界隈はオープンイノベーション祭りと言っても過誤ではありません。私自身も現在、いくつかの企業とオープンイノベーションを…

【ビジネススキル】初受注できてホッとした

この一年、新商品を開発していました。昨年11月にローンチして、やっと初受注が決まりました。とりあえずホッとしました。今日は新商品開発と組織体制のお話です。 隣接市場をローリスク、ローリターンで狙う 既存リソースはボトムアップで進める 周辺市場を…

【マネジメト】メンバーの背中を押す「ナッジ理論」

管理職は周囲を動かして成果をあげることが期待されます。しかし、この周囲を動かすというのが難しい。この人を動かすで近年、注目を集めているのが行動経済学のナッジ理論です。今日はナッジ理論について考えてみたいと思います。 ナッジ理論とは 四つの基…

【ビジネススキル】発見型の問題解決

前回は発生型の問題解決について考えてみました。今日は発見型の問題解決について考えてみたいと思います。 問題意識が出発点 情報感度と問題意識は比例する 曖昧表現を排除する 問題意識が出発点 顕在化している問題ではなく、潜在化している問題を発見しよ…

【ビジネススキル】発生型の問題解決

職場の問題解決は3種類に分類されます。発生型、発見型、発掘型です。今日は発生型の問題解決について考えていきます。 発生型の問題解決 まずは深呼吸 次に事実確認 安心しない 発生型の問題解決 これは突発的な事故、現在進行形のクレームや故障や製品不良…

【ビジネススキル】第一印象はいい加減

唐突ですが、写真の彼は「知的で、勤勉で、衝動的で、批判的で、頑固で、嫉妬深い」と紹介されたらどんな印象を彼に対して持つでしょうか?きっと欠点もあるが有能な人物という印象を持つと思います。 逆に先程の内容を反対から読み上げたらどうでしょうか?…