クマ坊の日記

人材育成と本とサッカーが中心のブログです

マネジメント

【マネジメント】 残念な部長の3類型

今まで、部下として多くの部長の元でクマ坊は働きました。また顧客として多くの企業の部長さんにもお会いしてきました。憧れるような人物もいましたが、多くは残念な部長でした。そして、残念な部長の部長を振り返ると大きく3パターンぐらいに分類できるな…

【マネジメント】ワンポストひと仕事

前回は部長のマネジメントについて考えてみました。今日は仕事の面からもう少し深く考察してみたいと思います。 部長の仕事は革新すること ワンポストひと仕事 革新を阻む4つの不足 発想貧困 説得力不足 時間管理能力の不足 度胸不足 部長の仕事は革新する…

【マネジメント】部長のマネジメント

新人の時、部長の姿を見て「なんて楽な仕事なんだ!」とクマ坊は感じていました。午前中は新聞を眺め夜は飲みに行く。実に羨ましい。当時は牧歌的な職場風景でした。しかし、部長の仕事が何なのかを当時は分かりませんでした。 翻ってみると世の中に課長や初…

【Book】夏休みにこの本オススメ!【マネジメント編】

夏休みにオススメのビジネス本シリーズの第4回はマネジメント編です。マネジメントも数多くの本が出ていますよね。早速、マネジメント本のオススメを紹介していきましょう。 こんな幹部は辞表を書け 課長の教科書 駆け出しマネジャーの成長論 こんな幹部は…

【ライフ】私の新しい仕事 (ベランダガーデニング編)

東京に引っ越してきてから始めたことがあります。毎朝の水やりが私の新しい仕事です。単身赴任中はAIスピーカーに話しかけていましたが、今は植物に話しかけています💦 ちなみにあるメーカーの工場では、生産ラインの入り口に植物が置いてあります。理由を工場…

【組織論】日本代表に学ぶ対話型組織の作り方

ロシアW杯終了しましたね。今大会は全体的に面白い試合が多かったように感じます。そんな大会で存在感を出せたチームの一つが、我らが日本代表。大会前は全く期待していなかったのですが、掌返しでごめんなさい!しかし、今大会の日本代表はリーダーシップの…

マネジメントは決めること

管理職の役割は幅広いです。そして役割を遂行するために高めなければならないスキルも多岐にわたります。しかし、何か1つだけと尋ねられたら「決めること」を上げます。今日は「決めること」について考えてみたいと思います。 目次 決められない管理職 決め…

人を動かす技術

卓越したスキルを持っていても、素晴らしい計画を立案できたとしても、実行できなければビジネスでは1ミリも約に立ちません。自分だけが頑張っても達成できることは限られます。でも、職場のメンバーが全て気の合う仲間ということは稀です。そのため、全ての…

職場の問題はロジカルだけで考えない

7月から私は新しい職場で働くことになります。factデータから問題点を把握し戦略案を作成している最中です。左脳全開中です。ただ左脳だけでは組織の問題は解決しません。ロジカルな問題を感情的にも捉えることが重要です。 目次 分かっちゃいるけど変えられ…

方針の浸透させ方

前回は方針の立て方について説明しました。でも、決めた方針は実行しなくては絵に描いた餅です。方針を浸透するためのやり方について解説してみたいと思います。 目次 率先垂範 言葉を操る 繰り返す 部下が共感できる言葉 行動を褒める 率先垂範 大前提とし…

方針の立て方

今、私は7月から担当する部門の方針策定の真っ最中です。自分自身の振り返りの為に方針策定について書いてみたいと思います。 目次 何故、方針が必要なのか? 方針は質と量 一人で抱え込まない 表現力が問われる 方針は絞り込む 何故、方針が必要なのか? 方…

2年目社員の指導法

今日は新人が入ってくると押し出される2年目社員の育成について考えてみたいと思います。 目次 社会人2年目の苦い思い出 新人教育は年々手厚くなっている 2年目社員の指導法 社会人2年目の苦い思い出 今や45歳のおじさんである私も、かつては若々しい社会人…

ビジネスパーソンの失敗しない自己紹介

4月は出会いの季節。新しい職場、新しい役割を担うビジネスパーソンもいるかと思います。それに伴い挨拶する機会も多いかと思います。新しく管理職に昇進した人は部下への所信表明でまずは存在感をアピールしたいなんて考えてるかもしれません。今日はやっち…

パワハラと上手な叱り方

今日は叱り方のお話。若い管理職からの最近増えてきた相談は「自分の部下指導がパワハラにならないか心配」「どうやって叱ればいいか分からない」というものです。確かにちょっと指導しただけでも、「ちょっと気分が・・・」なんていう若手も増えてきました…

ビジネスパーソンの読書会

私が担当する部門では、月一回の読書会を開催しています。題して「クマ坊塾」今日はその読書会について書いてみたいと思います。 目次 クマ坊塾誕生のきっかけ クマ坊塾の目的 クマ坊塾の進め方 やってみての効果 クマ坊塾誕生のきっかけ 若い時に私自身が読…

ミスや失敗と上手に付き合う

仕事でミスや失敗をすると憂鬱になりますよね。上司から追い討ちをかけるように叱責されるともう会社行きたくなくなる気持ちもわかります。今日は仕事上のミスや失敗とどのように付き合うかについて考えてみたいと思います。 目次 私が嫌う失敗 犯人探しをし…

PDCAからPDSAへ

これまでPDCAについていくつか記事を書いてきました。以前書いた記事でPDCAはデミング先生が日本に持ち込んだ概念だとお話ししました。しかし、このデミング先生の概念には続きがあります。それがPDSAという考え方です。今日はこのことについて説明してみた…

生産的な会議をデザインする

ビジネスパーソンは会議が多いですよね。会議にどんなイメージを持っていますか?退屈な会議、会議という名の公開処刑、何も決まらい会議、逆に結論ありきの会議、発言者がボスだけの会議というか独演会・・・etc 今日は会議の進め方について考えてみたいと…

転職を相談されました

同じフロアに、子会社が同居しています。子会社のメンバーとは稀にプロジェクトで一緒に仕事したり、残業している時にたまに夕飯を一緒にしたりしています。 その子会社の社員にM君がいます。M君とは2度同行したことがあります。私が担当しているお客さまにM…

進捗管理の適切なタイミング

計画も立てて、段取りもバッチリ。でも予期せぬハプニングは仕事にはつきもの。後は計画通り進んでいるかを管理する必要があります。ということで、今日は仕事の進捗管理について考えてみたいと思います。 www.kumabou.com 目次 1年スパンの仕事はどんな頻…

管理職のステータス管理

管理職の役割を担っている人は部下から自分がどのように映っているかを理解しているでしょうか?今日は管理職のステータス管理について考えてみたいと思います。 目次 ステータス管理とは何か? ステータス管理の達人はサーカスにいる 管理職のステータス管…

問題解決の対策案を考える際のコツ

どんな職種でも問題解決=仕事といっても過言ではないと思います。お客さまのお困りごとを解決する、新商品の開発、コストダウン・・・。職場の問題を発見する記事についていくつか書いてきたので、今回は対策を実行する際の留意点について書いてみたいと思…

職場の問題を見つける際の3つの視点

PDCAはCから始めるの記事で、まずは検証が大切なことをお伝えしました。今日は問題を検証する際に意識しておくと役立つ3つの視点を解説してみたいと思います。 www.kumabou.com 目次 鳥の目 虫の目 魚の目 みんなの目で検証する 鳥の目 鳥は空から地上を見…

PDCAはCから始める

今回もPDCAサイクルのお話です。単純な概念ですが実は奥が深いPDCAサイクル。多くの企業と組織で導入されていますが、多くの企業と組織で中途半端な形で終わってしまいます。PDCAの進め方について解説したいと思います。 目次 PDCAサイクルはPから始めると失…

PDCAサイクルとは

今日は仕事の基本PDCAサイクルについて説明してみたいと思います。PDCAサイクルはビジネスパーソンが一番最初に教わるビジネス用語だと思います。でも意外に、PDCAのそもそもについての話聞くことも少ないのではないでしょうか。 目次 PDCAサイクルとは PDCA…

人事考課面談はこうするといい

昨日に引き続いて人事考課の話です。今回は人事考課の面談について管理職の立場から留意すべき点について書いてみたいと思います。 目次 人事考課面談の目的 人事考課面談の進め方 準備が大切 安心した雰囲気をつくる 相対評価に対して部下は納得している 人…

人事考課の客観性とは何か

企業にお勤めのビジネスパーソンはそろそろ人事考課の時期かと思います。そこで今回は人事考課について書いてみたいと思います。 目次 人事考課のトレンド 人事評価の客観性とは何か 評価基準を上司と擦り合わせしておく 評価を上げるにはコマ目な報連相 人…

働き方改革でベンチマークされる会社

今週は「働き方改革」テーマでずっと押しています。今まで「働き方改革」の問題点や課題を書いてきました。今回は今、働き方改革で最も注目されている企業を紹介したいと思います。 www.kumabou.com 目次 働き方改革で注目されている企業はカルビー きっかけ…

働き方改革とやり甲斐

前回、前々回に引き続き今日も働き方改革について考えてみたいと思います。お客さまへ伺うと毎回、大なり小なりこの働きかた改革について意見を聞かれるんですよね 目次 働かせ方改革? 働きがいもセットで考える必要がある 3年で仕事は覚え、停滞期をむか…

働き方改革が上手くいく会社、そうでない会社

前回に引き続いて「働き方改革」について、今年起こりそうな、もしくはすでに起こっていることについて考察してみたいと思います。 目次 働き方改革の検討事項 長時間労働の是正がもたらすもの 働き方改革がうまくいく企業とそうでない企業 最後に 働き方改…