クマ坊の日記

人材育成とビジネスとサッカーが中心のブログです

人材育成

【人材育成】感情のコントロールとは、感情を思考に変えること

私たちの職場は二律背反するような事象が転がっています。あちらを立てればこちらがたたず。仕事だけでなく、そこに職場の人間関係も絡んでくるわけですからストレスもたまります。悲しい感情や時には怒りの感情と向き合わなくてはいけません。このようなネ…

【人材育成】教える内容によって教え方は違う

私の生業は企業の人材育成支援です。イメージしやすいのは、管理職研修や新入社員研修等を企画運営です。今日は「教える」について考えます。 教え方は3種類ある 運動を教える 認知を教える 態度を教える 教え方は3種類ある 職場でも家庭でも、誰かに何か…

【人材育成】 新入社員研修の季節が終わりました

私の担当分の新入社員研修が終了しました。今年も多くの新入社員の皆さんとの出会いがありました。ここ数年感じるのは、新入社員の多様化が進んでいる印象です。もの凄くしっかりしている方もいれば、考え方が幼い人の高低差が大きいような印象です。今日は…

【人材育成】耳で理解する人、目で理解する人

今週は絶賛新入社員研修に登壇中です。研修を担当しながら、受講者を観察していると面白いことに気づきます。人によって耳から聞いて理解するのを得意としている人と、目で見ながら理解するのを得意としている人がいるということです。今日はその事について…

【人材育成】教え上手な講師の特徴

私の生業は、企業の人材育成の支援です。イメージしやすいのは、管理職研修や新入社員研修です。講師業と兼務でマネジメントも担当しています。そのため、多くの講師コンサルタントの指導現場を見る機会に恵まれています。今日は教え上手な講師の特徴につい…

【人材育成】行動が先、信頼は後

今年も新入社員研修の季節がやってきました。私たち研修講師にとっては、北へ南へ、西へ東へと全国を飛び回りながら新入社員研修を実施する日々が続きます。連戦は体力的に厳しいですが、少しでも若い人のお役に立てればとの一心で頑張っています。というこ…

【人材育成】育成には時には、ご褒美も必要

人が成長するには経験が7割だと言われています。そして前回の記事では、熟達化するにはそれなりの時間がかかるとも説明しました。それだけの時間を費やすには、自分の好きなことや得意がことでないと続けられないともお伝えしました。でも、好きでも心折れる…

【人材育成】石の上にも三年は正しかった?! 5000時間の法則

「石の上にも三年」と言う諺がありますよね。三年も座っていれば、冷たい石も暖まるという意味から転じて、成功するには辛抱や忍耐が大切だというものです。この諺ね由来は禅僧の開祖である達磨大師なんて言われたりもします。今日は人の成長について考えま…

【マネジメント】管理職は勇者に似ている

私の生業は企業の人材育成を支援することです。イメージしやすいのは、管理職や新入社員の研修等です。今日は私の1番本業である管理職育成についてねお話です。 管理職無理ゲー いきなり勇者 冒頭の目的も必要 管理職無理ゲー 管理職の役割は、部門の業績達…

【人材育成】新作研修のラッシュです

今週は新作研修のサービスインラッシュです。自分で開発したものもあれば、メンバーが開発した研修を私が講義するパターンもあります。特に後者のパターンは気を遣います。メンバーのシナリオ通り研修を進めるのが前提ですが、研修はライブ。受講者の反応を…

【人材育成】鳥山明先生に学ぶキャリアの開き方

漫画家の鳥山明先生が亡くなられました。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。幼少期からリアルタイムでDr.スランプ、ドラゴンボールに出会えた私は幸せでした。今日は鳥山先生からビジネスパーソンのキャリア開発を考えます。 経験がない強み 他者の存在 バ…

【人材育成】本を読むことは地図を作ること

私が担当するチームでは毎月読書会を開催しています。月がわりでオーナーを決め、オーナーが指定した本をメンバー全員で読み感想をいい合います。読書は私にとっては普通の習慣ですが、若いメンバーに聞くと本を読む機会自体が圧倒的に少ないとのこと。本よ…

【人材育成】雑用って意味なくないですか?

人事担当者のお客様と打ち合わせをしていたら、新人から「なんで私が雑用しなくてはいけないのですか?」と質問されて唖然としましたという嘆きをお聞きしました。どちらも悪いのではなく、物差しが違うんだろうなと感じました。今日は今どきの新人育成につ…

【マネジメント】経験の浅い人ほど、自己評価高め

同僚とランチをしていたら、彼の部下について相談を受けました。能力低いのだが自信過剰な人物だそうで、どのように指導したらいいか困っているとのこと。今日は自信過剰な部下の指導について考えます。 ダニング・クルーガー効果 インポスター症候群 共に見…

【人材育成】なぜ我々は頑張ってしまうのか?

自分ではそんなに頑張りつもりはないのだが、ついつい頑張ってしまうことありますよね。今日はこの「ついつい頑張っしまう」原因について考えてみます。 5つのドライバー 5つのドライバー 幼少期に親から言われた言葉の影響は大きいです。「しつけ」として繰…

【人材育成】若手の離職防止に効くのは、キャリア安全性

4月に新入社員研修を担当した企業から、この時期は新入社員フォロー研修のご依頼を頂くことが多いです。すると、すでに何人かはすでに退職しましたとお聞きすることが多いです。企業の人事担当者からは、新入社員の離職防止についてご相談も頂きます。今日は…

【人材育成】ホワイトな職場と若手の不安

「ゾンビになるまでにしたい100のこと」という漫画をご存知でしょうか?私は地上波のアニメで初めて知りました。ある日突然、街中にゾンビが溢れかえる地獄のような状況に、主人公は遭遇します。しかし、ブラック企業で働いていた主人公からすると、「会社で…

【Bucket List 】 音楽と成長を描くBLUE GIANT

やっと映画BLUE GIANTを観ることが出来ました。公開してもう1年経ちますから、だいぶ遅いですが今日はそのお話です。 BLUE GIANTとは 感想 表現者はさらけ出す BLUE GIANTとは ジャズに魅せられた主人公の宮本大が世界一のジャズプレイヤーを目指す物語です…

【人材育成】部下の審査の日がやってきた!

以前ご紹介していた部下の審査の日が来ました。本人もドキドキだったと思いますが、私もドキドキ。今日はその時のお話です。 励ましの言葉選びに悩む 厳しく審査 部下が号泣 励ましの言葉選びに悩む 前日、部下にメッセージを送りました。いざメッセージを送…

【人材育成】ダブルキャリアの開発支援とトレーニングの難しさ

今日は私が現在、直面しついる部下育成のお話です。部下Aさんから講師・コンサルタント職にキャリアチェンジしたいとの相談を受けました。現在進行形で支援しているのですが、育成は難しいです。そんな現在進行形の悩みを記載します。 キャリア開発 トレーニ…

【人材育成】 正直 人事コンサルタント

毎週欠かさず観ているドラマがあります。NHKで放送している「正直不動産2」です。山下さんが演じる嘘のつけない不動産営業職の永瀬財地と、福原さんが演じるカスタマーファースト命の月下咲良が活躍するビジネスコメディです。 主演の山下さんをはじめ、素晴…

【人材育成】人材育成支援のプロが教える、効果的な研修設計法

私の生業は企業の人材育成を支援することです。イメージしやすいのは、管理職研修や新入社員研修の企画・実施になります。今日は研修設計のお話です。 喜んで研修を受講する社員は、ほぼいない 大人の学びは、子供と違う まずは体験させる 喜んで研修を受講…

【人材育成】熟達化のステップとは?初心者からプロフェッショナルへの道のり

今日は熟達化に関するお話です。どんな職業でも、その道のプロフェッショナルになるには10年かかると言われています。人材開発の世界では、熟達化理論として研究、発表されています。では、内容を見ていきましょう。 熟達化へのステップ 2つの壁 経験から学…

【人材育成】素直さこそが、成長に必要な最大の資質

昨日は今年初めての研修講師としての仕事でした。受講者からの反応が、ダイレクトに分かる研修講師の仕事は面白いなと改めて実感しました。今年は現場での仕事を増やしたいものです。さて、今日はビジネスパーソンの成長についてのお話です。 70:20:10の法則…

【ビジネススキル】問題解決は結果を出すことが1番大切だけど、忘れられ易い

私の生業は企業の人材育成支援です。イメージしやすいのは、企業内で実施される管理職研修や新入社員研修です。今日はお客様から問題解決についてご相談を頂いた時のお話です。 解決案より実行力 成果=解決策✖️実行力 技術的な問題より適応問題 解決案より…

【ビジネススキル】報告が出来ない若手社員

私の生業は企業の人材育成支援です。イメージしやすいのは、企業で実施される管理職研修や新入社員研修の企画運営になります。年末から年始にかけては、新入社員のフォロー研修や2年~3年目社員の研修のご相談が増えます。研修を企画するにあたって、人事部か…

【マネジメント】理論なんて関係ない!マネジメントは現場で起こっている!

先週、今週とマネジメント理論の変遷の一部をご紹介してきました。しかし、「そんな理論なんて意味ないよ!」とちゃぶ台返ししたのが、ヘンリー・ミンツバーグ先生です。今日さミンツバーグについて解説していきます。 マネジメント理論を否定する マネジャ…

【マネジメント】マネジメント・サイクルの産みの親!

先週、マネジメント理論の変遷を見てきました。その中では、「業務」と「人」の両面から議論がなされていました。ただ、黎明期のマネジメント理論は、組織として未発達な段階であったこともあり、経営者のマネジメントを対象とした内容が多く含まれました。…

【マネジメント】マネジメント理論の変遷とモチベーション理論

今週はマネジメント理論の変遷について語っています。100年前にマネジメントという考え方が誕生しました。科学的管理法という仕事を分析することからスタートしましたが、人間は感情の動物だから機械のようには働いてくれない。そこで、より人の側面を意識す…

【マネジメント】ホーソン工場の実験

前回はテイラーの登場でマネジメント黎明期が幕を開けたことをお伝えしました。発案者のテイラーとの想いとは裏腹に、「科学的管理法は人間性の軽視だ!」と批判を受けます。今回はテイラー後のマネジメント理論について考えます。 www.kumabou.com ホーソン…