クマ坊の日記

人材育成とビジネスとサッカーが中心のブログです

人材育成

【人材育成】若手社員育成に必要な3つの支援

新入社員をはじめとして、若手社員の育成は研修を実施するだけでは解決しません。職場ぐるみでの育成が求められます。今日は職場ぐるみの支援の中身について考えてみます。 人の成長には他者の存在が必要 どんな支援が必要か 精神支援は同期や友人から 業務…

【人材育成】OJT制度とメンター制度の違い

部下育成の本質は、今も昔も変わりませんが進め方は時代によって変化してきています。従来であれば育成の代表的な仕組みはOJTですが、昨今はOJTとは別にメンター制度も取り入れている企業もあります。今日はOJTとメンターの違いについて考えてみます。 メン…

【マネジメント】マネジメントは「型ハメ」「型外し」

マネジメントの最大の目的は、「機会損失を最小限にすること」にあります。そのために、自分の考えを周囲のメンバーを動かして成果をあげることを管理職は期待されます。マネジメントの本質は変わりませんが、管理領域が広がっています。そのため難易度が高…

【人材育成】おじさんになると、学習目標の重要性が身に染みる

私の生業は企業の人材育成支援です。イメージしやすいのは、新入社員研修わ管理職研修です。研修のテーマによりますが、最後に自己開発目標を書かせることが多いです。今日はビジネスパーソンの成長と目標について考えてみます。 成果目標と学習目標 50歳お…

【人材育成】即興はプロフェッショナルの極地

私は横浜F・マリノス のファンです。小さい頃、漫画キャプテン翼が流行りその頃からサッカーが好きでプレーもしていました。サッカーはチーム戦術はありますが、局面局面が変化するので瞬間瞬間での判断も求められます。レイコンマ何秒で状況を判断して瞬時…

【人材育成】構築主義的な学びとは

企業の人材育成の世界に身を投じて、30年弱が経とうとしています。その間、育成に関する考え方もだいぶ変化してきたなと感じています。今日は昨今の学びの潮流である構築主義的な学びについて考えてみたいと思います。 構築主義的な学びとは 学びのプロセス…

【ビジネススキル】経験は陽気に振り返る

このブログでは、何度も取り上げている「経験から学ぶ力」人の成長の7割は現場経験とされています。そして、経験を振り返る力によって成長度合いは人によってことなります。今日は振り返る力をさらに詳しく考えてみたいと思います。 振り返りには陽気に行う …

【人材育成】対話と学び

対話、英語だとDialogue は日本人には馴染が薄い単語かもしれません。人材開発の世界では、ダイバーシティや組織開発のテーマとの絡みで注目されているキーワードの一つです。今日は学びと対話の関係について考えてみたいと思います。 対話の語源 対話が成立…

【人材育成】20代の成長実感をどう確保するか

ワークエンゲージメントや働き甲斐とキーワードがここ近年、人事の世界ではバズワードになっています。企業に勤めている方は、会社でエンゲージメントサーベイなどを受けた方もいるかもしれません。今日は若手のエンゲージメントと密接な関連があるとされる…

【人材育成】硬直化した固定観念ほど成長を妨げるものはない

人材採用の仕事に長く携わっていると、モノの見方、考え方ひとつで人の成長は大きく変わるということです。たったそれだけの事なのですが、これが極めて難しい。今日は固定観念と人材育成の関係について考えてみたいと思います。 変化を恐れる人、楽しめる人…

【人材育成】経験のない若い人の方がいい

インベンション 僕は未来を創意する (日本経済新聞出版) 作者:ジェームズ・ダイソン 日経BP Amazon 昨日、テレビ東京のモーニングサテライトで、掃除機メーカーのダイソンの社長のインタビューを見ました。そのインタビューで印象深い言葉がありました。「変…

【人材育成】人材版伊藤レポート2.0が発表!日本企業は人的資本経営を目指す時代に突入した

今年の5月13日に経済産業省から1つのレポートが発表されました。それが、今日ご紹介する人材版伊藤レポート2.0です。これは日本企業の人材開発部周りが騒つく内容でした。今日はこのレポートについて考えてみたいと思います。 www.meti.go.jp 人材版伊藤…

【人材育成】山本五十六の名言の二行目、三行目

人材育成の世界で昔からよく引き合いに出される山本五十六の名言があります。「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば人は動かじ」 山本五十六は第二次世界大戦の連合艦隊司令長官です。彼はアメリカのハーバード大学にも留学し、多様な文…

【人材育成】職場のティーチングの基本 「分かった?」は禁止

教え方には様々な種類があります。コーチング、経験学習、越境学習、そしてティーチング。人材育成のテーマを書いているのにティーチングに関してちゃんと記事を書いていないことに気づきました という事で今日はティーチングについて考えてみたいと思います…

【マネジメント】マネジメントの常識が、非常識になる時代

今週は現代の管理職の実態について考えてきました。今日は現代の管理職がマネジメントを行う上で、リスキルすべき課題について考えてみたいと思います。 東日本大震災とワンマン管理職の衰退 現代の管理職さ何をリスキルすべきか 東日本大震災とワンマン管理…

【人材育成】年代別、管理職の育成法

管理職と一口に言っても多様な年代がいます。50代〜30代後半ぐらいかと思います。管理職の役割は同じですが、育ってきた環境によって育成課題が異なります。今日は年代別の管理職の課題について考えてみたいと思います。 50代管理職 ロスジェネ世代の管理職 …

【人材育成】どこで学ぶかより、誰から学ぶか

私の生業は企業の人材育成支援です。仕事柄、お客様から個人的に○○のテーマを学びたいけどお勧めのセミナー教えてください。なんて相談を頂きます。そんな時は知りうる限りの情報はお伝えします。現在は有料、無料のセミナーだったり、社会人向けビジネスス…

【人材育成】大人の学びは、人のご縁とタイミング

私の生業は企業の人材育成を支援することです。イメージしやすいのは、管理職研修や新入社員研修です。これら研修は教室の中で講師が受講者に対して伝える形式です。これらの形式はビジネスパーソンの学びでいうと僅か10%の影響しかありません 今日はビジネ…

【人材育成】読書の力

皆さんは月に何冊ぐらいの本を読まれますか?私は月3冊から5冊といったところです。学生時代から読書は好きだったのですが、大人になってから意識的に読書習慣をつけるようにしました。今日は読書と人材育成の関係について考えてみます。 本を読む人は、2人…

【人材育成】68000時間の使い方

ビジネスパーソンの成長の7割は仕事経験です。ビジネスの力を伸ばそうと思ったら社外の時間ではなく働いている間にいかに成長するかが大切になります。 68000時間 背伸びの経験 チャンスを掴むは大変な時代 いい仕事をしないと、チャンスは巡ってこない 6800…

【人材育成】吉野家「生娘をシャブ漬け」発言に唖然とした

news.yahoo.co.jp 企業風土が透けて見える ディレメンタルリサーチ 現場の社員が可哀想 企業風土が透けて見える ネットニュースを見ていたら耳を疑うようなニュースが飛び込んできました。吉野家の取締役が早稲田大学の社会人向けマーケティング講座で、自社…

【人材育成】新入社員研修で伝えてる事

先週でやっと新入社員研修ラッシュから解放されました。この時期は講師不足なので、ラインマネジメントは中断して研修講師業に集中しました。現場はやはりいいなーと感じた2週間でした。ほとんどがリアルな対面研修でした。最近は、オンラインがほとんどなの…

【人材育成】どこまでストレッチするか問題

ビジネスパーソンの成長に必要なのは、背伸びです。背伸びなくして成長はありませんし、学びある所に背伸び有りです。しかし、どこまでストレッチするかで、部下と上司でコンフリクトが起きがちです。今日は学びのストレッチについて考えてみたいと思います…

【人材育成】気づいてあげれなかった

2日間の新入社員研修が終わりました。素直で真面目ないい子たちばかりでした。反応も上々で研修アンケートの評価も高かったので安堵きました。このアンケートを読むのは好きで、研修終了後に丹念に目を通すようにしています。その中に一枚気になるアンケート…

【人材育成】今日の背伸びは、明日の日常

昨日から新入社員研修を担当しています。新入社会人のスタートを支援できるのは嬉しいことです。素直な姿勢を見ていると、彼らの未来は明るいなとも思います。今日は大人の成長について考えてみたいと思います。 背伸びが成長のきっかけ ストレッチゾーンを…

【人材育成】嵐の前の静けさ

今日から4月ですね。昨日の雨で桜もだいぶ散ってしまいました。私の生業は企業の人材育成の支援です。主要なお客様は人事部です。今日は多くの企業で入社式を開催しています。そのため、我々は開店休業状態です。もっとも、来週から新入社員研修が始まれば嵐…

【人材育成】育成の谷をどう超えるのか

私の生業は企業の人材育成を支援することです。イメージしやすいのは、企業で実施する管理職研修や新入社員研修です。私たちが提供している研修は、人の育成に貢献できることは限られています。ビジネスパーソンの成長は現場経験の影響が大きいですし、それ…

【人材育成】グローバルで活躍できる人材とは?

昨日、あるメーカーの人事部長さんと打ち合わせをしていました。話が脱線してグローバルで活躍できる人材についての話題になりました。その部長曰く、「我が社では、愛嬌ある笑顔の挨拶ができ、現地の人と雑談し、食事を一緒に取れる人」と話されていました…

【人材育成】Z世代の育て方

4月になると多くの会社に新入社員が入社されます。我が社も多くの企業の新入社員研修をお手伝いさせて頂いています。育成の基本は個人別ですが、全体の傾向も予備知識としてはインプットするようにしています。何故なら人は育ってきた時代や環境に影響はうけ…

【マネジメント】管理職の成長を促す5つの経験

私の生業は企業の人材育成を支援することです。イメージしやすいのは、新入社員研修や管理職研修です。しかし、私が提供する研修が人の成長に与える影響は、全体を100とすると10%程度の影響しかありません。人の成長の70%はどんな経験をしたかによります。ち…