クマ坊の日記

人材育成と本とサッカーが中心のブログです

リーダーシップ

【リーダーシップ】職場でリーダーシップを発揮するために大切なこと

今日はリーダーシップのお話です。リーダーシップに関する理論は星の数ほどあります。共通点もあれば独自の視点もあります。企業からの研修依頼でもリーダーシップは多いのですが、各担当者がイメージしているリーダーシップ像はマチマチです。話を聞いてい…

【組織論】日本代表に学ぶ対話型組織の作り方

ロシアW杯終了しましたね。今大会は全体的に面白い試合が多かったように感じます。そんな大会で存在感を出せたチームの一つが、我らが日本代表。大会前は全く期待していなかったのですが、掌返しでごめんなさい!しかし、今大会の日本代表はリーダーシップの…

アンジェ・ポステゴクルー 監督のリーダーシップを妄想してみた

今日の試合が終わると、Jリーグはワールドカップ期間でお休み。中断期間の前の試合は勝利したい。気分いいですし。 今週は様々なリーダーシップ理論をご紹介してきました。リーダーシップの視点でも注目しているのが横浜F・マリノスのアンジェ・ポステゴクル…

【リーダーシップ】変革型リーダーシップという考え方

今週は代表的なリーダーシップ理論を紹介していきます。リーダーシップは世界的に見ても人材育成の分野で注目されているテーマです。どんな分野でも不確実性が増え、従来のやり方では通用しない。境界線を越えて新しい価値を生み出す人が求められている証で…

サーバント・リーダーシップという考え方

リーダーシップは100人学者がいれば100通りの考え方があるとお伝えしました。今日はその一つとしてサーバントリーダーシップについて解説したいと思います。だって私はこの理論は好きなんですよね。 目次 サーバント・リーダーシップとは サーバント・リーダ…

リーダーシップは危険がいっぱい?

今回はリーダーシップについて書こうと思います。リーダーシップ研修のテーマはよくご依頼を頂きます。でも、正直に言うとリーダーシップ論は100人いれば100通りの考え方があります。それだけ捉えづらいテーマでもあります。 目次 リーダーシップとは リーダ…

孫子に学ぶリーダーの資質

今日は中国の古典「孫子」の一節からリーダーの資質について考えてみたいと思います。 目次 「孫子」とは何だ? 「孫子」が生まれた時代背景 「孫子」が唱えるリーダーの資質 じゃあどうすればいいの? 「孫子」とは何だ? 紀元前500年頃の中国春秋時代の…

企業不祥事と経営者の役割

神戸製鋼、ちょっと前でいえば東芝など、日本を代表する企業で考えられないような不祥事が続いている。企業不祥事についてちょっと考えてみた。 目次 ガバナンスなんて役に立たない チェスター・バーナード 良識がある人を社長に選べるかどうか ガバナンスな…

鉄血のオルフェンズと適応のリーダーシップ

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ OP3『RAGE OF DUST』 私がフォローしているブロガーさんがガンプラを作っているのを読んで、鉄血のオルフェンズが気になり、Amazonプライムで一気に見ました。私はファーストガンダムを小学生の時代にリアルタイムで観た…

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方 作者: 岩田松雄 出版社/メーカー: サンマーク出版 発売日: 2012/10/09 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 5人 クリック: 77回 この商品を含むブログ (16件) を見る 元スターバックスコーヒージ…

人は誰もがリーダーである  

人は誰もがリーダーである (PHP新書) 作者: 平尾誠二 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2006/11/16 メディア: 新書 購入: 1人 クリック: 15回 この商品を含むブログ (18件) を見る ラグビーの元日本代表監督でもあり、名プレイヤーであった平尾誠二さんの…

斎藤学とリーダーシップ

横浜Fマリノスの新キャプテンが斎藤学に決まった。背番号を10に変えただけでも驚いたのに、キャプテンまで襲名するとは❗️ユースの時から見ているので感慨深いものがあります。責任感が強いので、あまり沢山の重荷は背負わせるのは心配です。特にチームの調子…

中村俊輔ジュビロ移籍と変革のリーダーシップ

横浜Fマリノスの中村俊輔のジュビロ磐田への移籍が正式に発表された。 私はJリーグ発足時からマリノスを応援している。そのマリノスの中でも、俊輔は特別、お気に入りの選手でした。俊輔と一緒に、マリノスのリーグ優勝を願っていたので非常にショックだった…