クマ坊の日記

人材育成と本とサッカーが中心のブログです

【大人の学び】仕事経験が成長の原資

f:id:kumabou2016:20180716171506p:image

 

小学校から高校まで学生として過ごす時間は1万4000時間と言われています。一方、就職して60歳まで勤め上げると6万8000時間ビジネスパーソンとして過ごすことになります。圧倒的にビジネスパーソンとして過ごす時間が多いんです。でも悲しいかな、学習時間だけを考えると圧倒的に学生時代の方が学んでいます。今日はビジネスパーソンの学び方について考えてみたいと思います。

 

目次

 

学ぶべき事は全て職場に転がっている

学習というと、資格取得したり、MBAなどのビジネススクールを思い浮かべるかもしれません。もちろんそれらも学習手段として有効ですが、もっと有効な手法があります。それは、「職場で仕事を通して学ぶ」方法です。以前からお伝えしているよに、ビジネスパーソンの成長の7割は職場での経験です。それも少しストレッチした経験が成長に寄与することがわかっています。また組織に所属している以上、組織内で評価される知識やスキルを獲得して結果を出すことが、自身の評価を高め、結果的に高い報酬に繋がります。すなわち獲得しなきゃいけない知識やスキルは資格取得やビジネススクールにはなく、職場にしかないんです。

 

www.kumabou.com

 そうすると、仕事の経験を通して自分の知識、スキルを高めていく視点が重要になります。なんたって6万8000時間も過ごさなくていけないのですから。この時間内でいかに未知の仕事経験をするかが重要になります。しかし、スキルアップに寄与する仕事経験は沢山ありません。数少ない良質な仕事経験をゲットしなくてはなりません。まるでイス取りゲームのように。

 

成果をあげてチャンスを獲得する

イス取りゲームのイスをゲットするためには、現在の仕事で成果を上げるほかありません。仕事で成果を上げた人間に、面白い、言い換えれば困難な仕事のチャンスが巡ってくるからです。もう一つ大切なのは、自分の成果を上司にアピールすること。自分の仕事をアピールするのは苦手な方が多いと思います。でも、ちゃんとアピールしておかないと横取りする悪い奴も大勢います。アピールのポイントは小まめな報告・連絡・相談です。仕事の成果もホームラン級の仕事でなくてOKです。ヒットをこつこつためていくことです。でもヒットの仕事は地味だからこそ、前述した報告・連絡・相談が大切です。優秀な上司はきちんとあなたの仕事を見ていてくれていますが、上司も忙しいので見切れないのが実態です。だからこそのアピールです。上司側にしてみれば、小まめな報告・連絡・相談があると安心して仕事を任せれますしね。

 

35歳までの仕事経験が重要

「そんなバリバリ仕事したくないし」と考える人がいてもOKです。その人の人生ですから。一方経営者の立場からすると、成果をあげる人に高い給与を与えたいというのが本音です。慈善事業で雇用しているわけではないですから。すると同じルーティンの仕事をしている人の給与はあげれません。実際、失われた20年の人件費は低水準で抑えられたままですから。やっとここ数年賃上げに舵を切り始めましたが、景気が悪くなればまた抑えられるでしょう。だからこそ自分のバリューは自分で高めていくことが大切です。特に35歳くらいまでに、どんな仕事経験をしておくかが重要になります。若い時は変化に対応しやすいですが、歳と取るにつれ未知の仕事経験に順応するのは辛くなるからです。体力や気力などの個人の問題もありますが、家庭をもったり、親の介護の問題が出てくるとトライしてみたい仕事があったとしてもチャレンジできない環境だったりしますから。無理がきくうちに、ストレッチした仕事にトライしてみる。ストレッチした仕事経験を獲得していくことは、長い仕事人生を考える上でも重要な視点になります。

【組織論】日本代表に学ぶ対話型組織の作り方

f:id:kumabou2016:20180716083754p:image

ロシアW杯終了しましたね。今大会は全体的に面白い試合が多かったように感じます。そんな大会で存在感を出せたチームの一つが、我らが日本代表。大会前は全く期待していなかったのですが、掌返しでごめんなさい!しかし、今大会の日本代表はリーダーシップの側面、チームビルディングの側面からみてもとても興味深い組織のように私には映りました。戦術的な視点や技術的な視点での解説はその道のプロに任せるとして、リーダーシップや組織論の視点で考えてみたいと思います。

 

目次

 

チームになるための3要素

 組織論ではチームになるには3条件が必要と考えられています。第1に目的、第2に貢献意欲、第3に円滑なコミュニケーションハリルホジッチ解任前から、第1の目的については首尾一貫していました。目的は「グループリーグ突破」です。普通の組織であれば、責任者が解任ともなると目的自体が迷走するケースがほとんどです。しかし、W杯であったからこそ目的が明確であったことは組織作りの視点ではアドバンテージでした。

www.kumabou.com

 

 

西野監督心理的安全地帯

西野監督が就任した時、私は駄目だと感じました。何故なら、自分の目指すサッカーを自分の言葉で分かりやすく話せていなかったからです。W杯直前の指揮官の交代はチームに混乱をもたらします。そんな混乱期には強いリーダーシップが求められます。混乱するチームをまとめるのは、リーダーの言葉が何よりも大切になると私には思えたからです。

www.kumabou.com

しかし、ここで私は二つの点を見誤りました。第1に選手の成熟度、第2に西野監督のキャラクターです。 

 

危機感と選手ひとり一人のリーダーシップ

監督が交代された時、日本の世論の論調は「ロシアW杯の日本代表は失敗する」でした。この危機感が選手ひとり一人の主体性を促したように思います。危機感や不安は学習論においては大切だと考えられています。危機感や不安が行動を促す発火点になるからです。ただし、日本代表選手が成熟していたからこそ乗り越えられたのだと考えます。平均年齢が高かったのがプラスに働きました。また選手を大幅に変更しなかったのも吉とでました。選手構成も変わっていたら、また1から信頼関係を構築しなくてはならなかったはずです。基本的な人間関係があったので、どうやって問題を解決するかに選手が集中できたように思います。

 

また西野監督の「会話」を大切にするキャラクターもプラスに働いたように思います。西野監督が強いリーダーシップを持って、しっかりとした戦略を持っていたら、選手達は一方的にそれに従っていたと思います。幸か不幸か、そんな強いリーダーシップを持っていなかったから、西野監督が選手の話を聞いてくれる人だから、選手間の対話がさらに促進されたように思います。選手が「西野監督のチームでは思っていることを自由に話していいんだ、俺たちがやらなきゃチームは惨敗する」という心理的安心と健全な危機感がプラスに働いたように考えます。まさに選手ひとり一人がリーダーシップを発揮している状態だったのだと推察します。

 

対話の重要性

日本代表のロシアW杯での活躍は、人材育成や組織開発を生業としている私に、とても大きなヒントを与えてくれました。それは健全な対話の必要性です。日本の組織の多くはピラミッド型の階層組織です。ピラミッド型の組織は、より上位の階層の役割を担うリーダーが優秀であることが重要になります。そして、メンバーは多くの役割をリーダーに期待します。しかし、そんな完璧なリーダーは滅多に存在しません。誤解を恐れずに申し上げれば、西野監督も人材のスペックとしては決してスーパーな人材ではなかったと思います。しかし、結果を見れば混乱したチームを見事ベスト16まで引き上げ、ベルギー戦も素晴らしい戦いぶりでした。これは素晴らしいリーダーでなくても、リーダーシップを発揮できるという証です。組織を構成するメンバーに働きかけることで、ひとり一人に主体性を持たせ、対話を促進し、自分の長所を組織に落とし込むことで、大きな偉業を達成できる。ある種、日本人の得意とする戦い方をこのチームは体現してくれたように思います。

 

【大人の学び】成長の秘訣は繋がりにあり

f:id:kumabou2016:20180715182729p:image

三連休もあっという間に終わりましたね。我が家は、娘が熱を出してしまったので家でのんびりでした。原因不明の熱が続き今朝はこれから病院に連れていきます。心配です。さて、今日は大人の学びと繋がりについて考えてみたいと思います。

 

目次

 

学びには繋がりが必要

個人の成長の責任はその人自身に帰属します。でも、どんな分野でもたった1人で成長したなんていう強者に私は会ったことがありません。社内、社外に関係なく周囲の人に助けられて、時には叱咤されて成長します。

 

最近接発達領域理論

周囲の人々に助けられながら成長するというのは当たり前のように感じますが、学問の分野では画期的な事でした。長い間、人間の学習は「個人で完結するもの」と考えられていました。それに異を唱えたのはロシアの心理学者ヴィゴツキー先生でした。ヴィゴツキー先生は、「人の成長には他者が必要なんだ!」と主張しました。そして人間の成長は、「自分1人で出来るレベル」と「他人に助けられたり、関わってもらう事で出来るレベル」の間にあると主張しました。これを最近接発達領域といいます。

 

振り返りが大切

今は、Google先生がいます。分からない事があれば検索すれば大抵のことは答えらしきものが出てきます。しかし。前述したように大人の学には周囲との繋がりが不可欠です。特に私が重要だと感じるのは「振り返り」です。未知の経験をした時に、優秀な人は自分を客観視して振り返る事ができます。私が好きなサッカー選手である中村俊輔選手は若い頃から、サッカーノートをつけています。

夢をかなえるサッカーノート

夢をかなえるサッカーノート

 


しかし、自分の事を客観視する事は難しいです。失敗すれば、気分が落ち込んで何が悪かったかなんて振り返ることは出来ません。逆に成功しても、嬉しくて冷静に「更によくするためにはどうしたらいいか?」なんて考える事は無理でしょう。

だからこそ、客観的な意見を言ってくれる上司や先輩。家族や友人や恋人がいる事はとても大切なんです。耳の痛いアドバイスをしてくれるうちは成長出来きます。

しかし、年を取り、組織であればポジションが上がるとアドバイスの機会は激減します。そんな時こそ、要注意です。

 

弱っている時は、励ましも必要

耳の痛いアドバイスは大切ですが、いつも受け入れ体制が整っているわけではないですよね。特に失敗した時は。そんな時は、励まして欲しいものです。「大丈夫、いいんだよ」とそっと寄り添ってくれる必要も大切です。人間は弱いですから。だから、周囲には厳しいアドバイスしてくれる人も、優しく包んでくれる人の両方を持つ事が成長には大切です。

山中教授と大人の学び

f:id:kumabou2016:20180712203022p:image

iPS細胞でノーベル賞を受賞した山中教授の著作やインタビュー記事を私はよく拝読します。最初はノーベル賞を受賞するような人はどんな仕事をしてきたのだろうか?という興味本意でしたが、著作を読んでいるうちにその人柄に惹きつけられて山中教授の記事を見つけると自然と目がいってしまいます。今日は山中教授のインタビュー記事の一節から大人の学び方について考えてみたいと思います。

 

目次

 

研究者として成功する秘訣はVW

山中教授は研究者として成功する秘訣としてこんなことを話されていました。

アメリカのグラッドストーン研究所に留学していた頃、当時の所長のロバート・メリー先生から「研究者として成功する秘訣はVW」と言われたことが残っています。VWとは「Vision」と「 Work Hard」。汗を掻き一生懸命働くことと同時に、長期的目標を持つことが大事だという教えです。 引用元:PRESIDENT 2018年7/16号

 

PRESIDENT (プレジデント) 2018年7/16号(山中教授の自分を変える)

PRESIDENT (プレジデント) 2018年7/16号(山中教授の自分を変える)

 
友情 平尾誠二と山中伸弥「最後の一年」

友情 平尾誠二と山中伸弥「最後の一年」

 

 

 

ハードワークと方向性が大切

人の成長の7割は経験です。経験を糧として成長していると言っても過言ではありません。だからハードワークすることはどんな分野でも成長するには大切な要素となります。しかし、どんな経験でもハードワークすればいいのでしょうか?それは残念ながら違います。もう一つ大切なのはVisionです。長期的目標です。何故、長期的目標が大切かというと、意識しないとストレッチした経験ができないからです。同じ経験を繰り返すだけでは人は成長しません。ストレッチした経験をするからこそ人は成長します。だって未知の経験に対応するために自分自身の能力やスキルをあげようとするからです。だから大人は学ぶときに受身ではダメなんです。誰かに教えられるのを待っているようでは成長できません。積極的に自分から未知の経験を獲得する能動性が求められます。

 

ビジョンは楽しいこととリンクする

前述したように、大人の成長には長期的目標、すなわちビジョンが必要です。ただビジョンが心底、自分がやりたいことでないと続きません。お金のため、名誉のため、出世のためだけだと続かないと思います。好きで好きでたまらないことであれば、側から見たら大変だなと思うことも、本人は全然苦でないですから。だから、ビジョンを掲げるにはまず自分自身の内なる心を聞くことが大切でもあります。

 

仕事で楽しいことがない場合は、嬉しいことを探してみる

でも、現在の仕事で楽しいことなんて一つもないという人も多いと思います。生活がかかっているのに、今更、自分の好きな仕事を見つけるなんて余裕はない!というケースが圧倒的だとも思います。そんな時は、現在の仕事の中で「嬉しかったこと」や「やり甲斐」を感じたことを思い出してみてください。私は人から感謝されたときに仕事で嬉しさを感じます。私は初めから今の仕事を目指しているわけではありませんでした。むしろ会社に不満を持って辞めたいと真剣に考えたこともあります。でも、お客さまやメンバーからの感謝の言葉をもらうのが嬉しくて今の仕事を続けてきました。その結果、天職だと思えるようにまでなりました。人のために仕事することが、いつの間にか自分の楽しいこととつながるなんてこともあると思います。

 

 

www.kumabou.com

 

 

一流と二流のコンサルタントの違い

f:id:kumabou2016:20180709215828p:image

新しい部署に異動して、いくつか大きな違いがあります。その1つが部下の職種です。部下の8割がコンサルタントになりました。みんな優秀と言いたい所ですが200名もいると玉石混交です。今日は知識の側面から一流と二流の違いについて考えてみたいらと思います。

 

目次

 

コンサルタントは芸人と同じ

コンサルタントと聞くとどんなイメージでしょうか?身近にあまりいないと思うのでイメージ湧きませんよね。胡散臭い?高給取り?仕事ができる?なんてワードでしょうか。コンサルタントは特に資格が必要なわけではないので、自ら立候補すればすぐコンサルタントを名乗れます💦 マネジメント、人事、マーケティング、営業、研究開発、生産技術・・・様々な得意分野を生業とするコンサルタントが私の部下です。コンサルタントはそれぞれの分野のエキスパートで知識、スキルを保有します。しかし、一番重要なのは「体力」だったりします。売れっ子になればなるほど、全国から仕事が舞い込みます。そして同時に複数のプロジェクトを担当します。全て厳しい納期があるのが普通です。肉体的にも精神的にもタフでなければやっていけません。また、結果が全てなので卓越したスキルや知識を保有しているだけでは何の役にもたちません。まるで芸人のように、あちこちの舞台に立って、お客さまから審査されているようなものです。

 

ギリギリを攻めれる人が一流

芸人に一流と二流がいるように、コンサルタントにも一流と二流がいます。コンサルタントで最も評価が高いのは、ギリギリを攻めれる人です。お客さまも目が肥えているので、社内では対応出来ない案件が持ち込まれます。多くは、まだ誰も解決案を出せていない問題です。そんな問題をお客さまと一緒に解決できるコンサルタントが一流です。コメントの端々から、「この人なら解決してくれるかも」と期待されるような人です。このようなコンサルタントは、何処がギリギリな事柄かを見極める能力に長けています。また取り組み姿勢として「物知りで経験値も豊富な一方で、素人のような素朴な疑問も大切にできる人」という共通項を持ちます。

 

二流は知りすぎている人

二流のコンサルタントは知り過ぎている人です。経験と知識を持ち過ぎているが故に、新しいチャレンジができません。自分の経験やスキルの範囲で解決できる仕事しかしません。請け負った仕事は確実にこなしますが、未知の仕事は敬遠します。失敗はしないので、一見優秀に見えますが、一流のコンサルタントとは雲泥の差があります。マネタイズの点でも、より難易度の高い仕事ができる人が稼げるのは明らかです。

 

ビジネスパーソンも同じ

コンサルタントの一流と二流の違いを話ましたが、一般のビジネスパーソンも一緒だと思います。知り過ぎる事がその人の行動を縛っていることは往々にしてあります。知らない事で、何もアクションを起こせないのも問題ですが、知らななくても素直である人がビジネスでは結果が残せるように思います。