クマ坊の日記

人材育成と本とサッカーが中心のブログです

山中教授と大人の学び

f:id:kumabou2016:20180712203022p:image

iPS細胞でノーベル賞を受賞した山中教授の著作やインタビュー記事を私はよく拝読します。最初はノーベル賞を受賞するような人はどんな仕事をしてきたのだろうか?という興味本意でしたが、著作を読んでいるうちにその人柄に惹きつけられて山中教授の記事を見つけると自然と目がいってしまいます。今日は山中教授のインタビュー記事の一節から大人の学び方について考えてみたいと思います。

 

目次

 

研究者として成功する秘訣はVW

山中教授は研究者として成功する秘訣としてこんなことを話されていました。

アメリカのグラッドストーン研究所に留学していた頃、当時の所長のロバート・メリー先生から「研究者として成功する秘訣はVW」と言われたことが残っています。VWとは「Vision」と「 Work Hard」。汗を掻き一生懸命働くことと同時に、長期的目標を持つことが大事だという教えです。 引用元:PRESIDENT 2018年7/16号

 

PRESIDENT (プレジデント) 2018年7/16号(山中教授の自分を変える)

PRESIDENT (プレジデント) 2018年7/16号(山中教授の自分を変える)

 
友情 平尾誠二と山中伸弥「最後の一年」

友情 平尾誠二と山中伸弥「最後の一年」

 

 

 

ハードワークと方向性が大切

人の成長の7割は経験です。経験を糧として成長していると言っても過言ではありません。だからハードワークすることはどんな分野でも成長するには大切な要素となります。しかし、どんな経験でもハードワークすればいいのでしょうか?それは残念ながら違います。もう一つ大切なのはVisionです。長期的目標です。何故、長期的目標が大切かというと、意識しないとストレッチした経験ができないからです。同じ経験を繰り返すだけでは人は成長しません。ストレッチした経験をするからこそ人は成長します。だって未知の経験に対応するために自分自身の能力やスキルをあげようとするからです。だから大人は学ぶときに受身ではダメなんです。誰かに教えられるのを待っているようでは成長できません。積極的に自分から未知の経験を獲得する能動性が求められます。

 

ビジョンは楽しいこととリンクする

前述したように、大人の成長には長期的目標、すなわちビジョンが必要です。ただビジョンが心底、自分がやりたいことでないと続きません。お金のため、名誉のため、出世のためだけだと続かないと思います。好きで好きでたまらないことであれば、側から見たら大変だなと思うことも、本人は全然苦でないですから。だから、ビジョンを掲げるにはまず自分自身の内なる心を聞くことが大切でもあります。

 

仕事で楽しいことがない場合は、嬉しいことを探してみる

でも、現在の仕事で楽しいことなんて一つもないという人も多いと思います。生活がかかっているのに、今更、自分の好きな仕事を見つけるなんて余裕はない!というケースが圧倒的だとも思います。そんな時は、現在の仕事の中で「嬉しかったこと」や「やり甲斐」を感じたことを思い出してみてください。私は人から感謝されたときに仕事で嬉しさを感じます。私は初めから今の仕事を目指しているわけではありませんでした。むしろ会社に不満を持って辞めたいと真剣に考えたこともあります。でも、お客さまやメンバーからの感謝の言葉をもらうのが嬉しくて今の仕事を続けてきました。その結果、天職だと思えるようにまでなりました。人のために仕事することが、いつの間にか自分の楽しいこととつながるなんてこともあると思います。

 

 

www.kumabou.com

 

 

一流と二流のコンサルタントの違い

f:id:kumabou2016:20180709215828p:image

新しい部署に異動して、いくつか大きな違いがあります。その1つが部下の職種です。部下の8割がコンサルタントになりました。みんな優秀と言いたい所ですが200名もいると玉石混交です。今日は知識の側面から一流と二流の違いについて考えてみたいらと思います。

 

目次

 

コンサルタントは芸人と同じ

コンサルタントと聞くとどんなイメージでしょうか?身近にあまりいないと思うのでイメージ湧きませんよね。胡散臭い?高給取り?仕事ができる?なんてワードでしょうか。コンサルタントは特に資格が必要なわけではないので、自ら立候補すればすぐコンサルタントを名乗れます💦 マネジメント、人事、マーケティング、営業、研究開発、生産技術・・・様々な得意分野を生業とするコンサルタントが私の部下です。コンサルタントはそれぞれの分野のエキスパートで知識、スキルを保有します。しかし、一番重要なのは「体力」だったりします。売れっ子になればなるほど、全国から仕事が舞い込みます。そして同時に複数のプロジェクトを担当します。全て厳しい納期があるのが普通です。肉体的にも精神的にもタフでなければやっていけません。また、結果が全てなので卓越したスキルや知識を保有しているだけでは何の役にもたちません。まるで芸人のように、あちこちの舞台に立って、お客さまから審査されているようなものです。

 

ギリギリを攻めれる人が一流

芸人に一流と二流がいるように、コンサルタントにも一流と二流がいます。コンサルタントで最も評価が高いのは、ギリギリを攻めれる人です。お客さまも目が肥えているので、社内では対応出来ない案件が持ち込まれます。多くは、まだ誰も解決案を出せていない問題です。そんな問題をお客さまと一緒に解決できるコンサルタントが一流です。コメントの端々から、「この人なら解決してくれるかも」と期待されるような人です。このようなコンサルタントは、何処がギリギリな事柄かを見極める能力に長けています。また取り組み姿勢として「物知りで経験値も豊富な一方で、素人のような素朴な疑問も大切にできる人」という共通項を持ちます。

 

二流は知りすぎている人

二流のコンサルタントは知り過ぎている人です。経験と知識を持ち過ぎているが故に、新しいチャレンジができません。自分の経験やスキルの範囲で解決できる仕事しかしません。請け負った仕事は確実にこなしますが、未知の仕事は敬遠します。失敗はしないので、一見優秀に見えますが、一流のコンサルタントとは雲泥の差があります。マネタイズの点でも、より難易度の高い仕事ができる人が稼げるのは明らかです。

 

ビジネスパーソンも同じ

コンサルタントの一流と二流の違いを話ましたが、一般のビジネスパーソンも一緒だと思います。知り過ぎる事がその人の行動を縛っていることは往々にしてあります。知らない事で、何もアクションを起こせないのも問題ですが、知らななくても素直である人がビジネスでは結果が残せるように思います。

大人になることのむずかしさ

 

 

今日は本のご紹介です。著書は臨床心理学者の河合隼雄さん。この本で河合さんは「古代社会」と「近代社会」を対比させながら、大人になることの難しさを論じています。

 

目次

 

古代社会の特徴

古代社会では、変化が少なく時間もゆっくり流れていました。そのため、世界は固定的でした。「出来上がった社会」に子供は生まれ、やがて子供から大人に成長していきます。そして一旦、大人になれば、「出来上がった社会」ではずっと大人でいられました。

 

近代社会の特徴

近代社会は古代社会と違って、「社会」は変化します。技術も知識も情報も進歩します。このような変化する社会では、大人になっても技術や知識や情報が後に生まれた世代に逆転されてしまうことが多々あります。私の娘は3歳の時に見様見真似でスマホの操作法を学んでしまいました💦 私がスマホを持つようになったのは30代です。後数年もすれば娘の方がテクノロジーを使うようになっていると思います。

 

つまり、大人は何もしなければ、次世代の子供より劣る存在になってしまうということです。

 

大人でいるためには、学び続けなければいけない

変化が激しい私達の時代で、大人であり続けるためには学び続けるしかないんです。変化を楽しみ新しい事に興味を持ち学び続けることです。

学びというと学校の勉強をイメージしますかね?私が言う学びとはもっと広義な事を指します。会社で定年を迎えても、新たな職場で働き続けられたり、全く違う仕事を始められたり、新しいコミュニティに加わることも含みます。

 

ひと財産作って悠々自適なんて羨ましい人を除くと、生きていくためには学び続けることは避けて通れないように、この本を読みながら感じました。

土曜授業

f:id:kumabou2016:20180621072111p:image

娘の通っている小学校では、毎月1回土曜の午父兄が自由に授業を見学できるようになっています。都内の公立小中学校は同じ仕組みなんですかね?昔は父兄参観とかでしたが今は違うんですね。

 

目次

 

先生も大変

娘のクラスは1クラス29名です。1人の先生が観るには少し生徒が多いかなと思いました。20名ぐらいだともう少し余裕を持って授業を運営できるのでしょうが。驚いたのは授業中、席を立って教室から出て行ってしまう子がいたこと。先生も何も注意もせずスルー⁉︎

後で娘に聞くと、その子はよく席から立ったり、先生の指示を守らなかったりするので怒られることが多いとのことでした。

 

現場を見る事の大切さ

授業中に席を立ってしまう子、注意しない先生を見て「どうなっているんだ?」「あの子の親はどんな人なんだろう?」と悪い印象を受けました。

でも、その子のご両親も授業観に来ていました。教室の外から心配そうに、周囲に恐縮して大きな体を小さく丸めて見守っておられました。その姿を見て私が抱いた認識が誤っていたことが一瞬で理解できました。事情があるんだなと思いました。

自分の目と耳と五感を使って現場を観察することが何よりも大切だと痛感しました。反省です。

 

多様性を持つクラス

公立の小学校ですが、生徒の国籍は多様でした。欧米系、インド、中国、韓国。。。クラスのうちの少なくとも5名は外国の方でした。小学校の頃から、多様性なバックボーンを持つ仲間と学べることは娘にとって財産だと感じました。同質でないことでクラスに混乱も起きるかもしれませんが、相手の考え方や気持ちを思いやりながらコミュニケーションができる人になって欲しいと思います。

 

久しぶりに小学校を訪れ、自分の子供時代とは様変わりしている環境に驚きつつも、安心できた土曜授業の見学でした。