クマ坊の日記

人材育成と本とサッカーが中心のブログです

父のネクタイ

もうすぐ父の日。そこで今日は父のエピソードをお伝えしたいと思います。父はもう70過ぎ。現役時代は会社務めでした。父は猛烈な仕事人間でした。ただちょっと変わっていたのは、家族に自分の仕事を楽しそうに話していた所です。「今こんな仕事を企だてていて、将来こんな風に発展して面白くなりそうなんだ」のような感じです。当然、子供の頃は話の内容はチンプンカンプンでした。しかし、子供ながらに社会にでて働くことは楽しそうだなというのは父の自慢話を聞きながら思ったものです。

 

そんな仕事大好きな父親も60歳の時に定年退職を迎えました。父が務めていた会社では退社式というものがありました。退社式には一つ不文律があったそうです。退社式に参加する退職者は、「臙脂のネクタイを着用する」というルールです。

しかし、父が着用したのは紺色ネクタイでした。当然、退社式に参加する同僚や人事部はザワザワします。「クマ坊父さん、ネクタイの色が違う!」しかしもう時すでに遅し。父親だけ違う色のネクタイで退社式を過ごしました。

 

ネクタイの色については父も当然理解していました。朝、家を出る直前に色を変えたそうです。「会社にお世話になったし、会社の方針に沿って仕事もしてきた。でも、言われるがままな仕事だけをしてきただけではない。その時々で自分の意志を込めて仕事をしてきた。そのことは自分の誇りでもあるから、その意志を示すために最後のネクタイの色を変えたんだ」と語っていました。当然、周囲にはそんな思いは話していないので、ネクタイの色間違えたしか認識されなかったそうですが💦 

 

今回は父親の話でしたが、仕事や人生の価値観は親族から私は影響を受けてることが多いなと改めて感じます。酒を持って、また父親の自慢話を聞きに行きたいと思います。

 

www.kumabou.com

 

www.kumabou.com