クマ坊の日記

人材育成と本とサッカーが中心のブログです

向い風はチャンスに変わる

f:id:kumabou2016:20180519131550p:image

 

単身赴任生活をするようになってから、週末の朝は走るようにしています。海の近くを走る気持ちのいいコースです。

 

f:id:kumabou2016:20180519121314j:image

 

走っている最中に、様々な思考を浮かんでは消えていきます。目下の関心事というか悩み事は7月から担当する新組織のこと。

 

新しいメンバーがどうやったら気持ち良く働けるか?彼らが共感してワクワクするようなビジョンは何か?部下といっても年上がほとんど。そして多くがコンサルタント。酸いも甘いも知っている人達ばかりです。一緒に仕事してきた人がほとんどなので力量や人柄はある程度理解しています。しかし同僚の時と上司の時とでは彼らの私への認知の仕方も変わるのが当たり前だと認識しています。だからまたゼロから信頼関係を構築していかねば。

 

また、今の仕事を維持しながら新しいビジネスモデルの構築もしなければなりません。このミッションは私が望んでいた仕事なのでモチベーションは高いのですが現状を分析しだすと想像以上にハードルは高いなと感じています。

 

なんてことを考えながら走っていると、突然カラダが軽くなりました❓向い風を走っていたのですが、針路が変わることで追い風になっただけなのですが。。。

 

越えなきゃいけない障害が多くということは、チャンスも多いという事。誰もが好んで向い風を走らないけど、自分は自分の選択で向い風を選んだ。想定よりも風は強そうだけど💦 だから全力を尽くせばきっと全ては上手くいくはず。

 

芸人の萩本欽一さんも、ダメな時、逆風が吹いている時ほどラッキーだと考えていたそうです。逆に物事が上手くいっている時ほど注意するようにしてたそうです。