クマ坊の日記

人材育成と本とサッカーが中心のブログです

福岡在住だけど東京のマンション買いました②

前回の記事の続きになります。福岡在住の私がどうやって東京でマンションを見つけることができたのかです。

 目次

 

最初は賃貸も検討していた

いつ東京に戻るかも未定でした。検討し始めた頃は最短で後2年かなと予想していました。片方で福岡は暮らしやすくて気に行っていたのでならべく長く居たいとも考えていました。出来れば娘が小学校に上がるタイミングが望ましい。だから、家探しも本気モードにはなっていませんでした。不確定要素が多いから賃貸物件が現実的な選択だと認識していました。だから、当時はリノベーションを中心とした賃貸物件サイトをよく見ていました。

 

ブログでマンション、不動産事情を学ぶ

賃貸物件サイトと併せて見ていたのは、マンションの事ばかり書いているマニアのブログ記事でした。マンションブログでは有名な、マンションマニアさんやモモレジ さんのブログです。世の中には色々な趣味の人がいるもんだなと感心したものです。彼らのブログや不動産会社のホームページをネットサーフィンする日々が続きました。不思議なもので定期的にウオッチしていると不動産市場の状況やマンションの作りに関する情報が増えてくるようになりました。私達夫婦が希望するエリアで予算内で新築、中古に関わらずマンションを購入するのは難しいということがわかってきました。

http://マンションマニア住まいのカウンター

http://マンションの間取りや価格を言いたい放題

 

条件を変えて探してみる

そこでエリアに関しては東京以外にも広げて検討してみることにしました。川崎、横浜、浦和、柏・・・ 正月で東京に戻った際に、そのうちの一つのモデルルームに妻と訪れてみました。初めてのモデルルーム、私達夫婦はアイランドキッチンを見ながら興奮してました。しかし、建設予定地を歩いてみると「ここで暮らしていくイメージが湧かない」妻が呟きました。私はアリかなと思いましたが妻がNGならあり得ません。これを境に家探しのテンションも一気に下がりました。

 

運命の出会い

年が明けると、希望していたエリアの近くに新築マンションが建設されるという情報をキャッチしました。まだ売出し価格も分からない、どんな間取りかも分からない。そんなレベルでした。ただなんとなく気になりました。探してたエリアの近くで新築物件が出ること自体稀でしたから。新しい情報が更新されるたびに、ここは理想の条件に合うのでは?と思うようになりました。

 

具体的に何が良かったかと言うと、立地が希望通りというのがまず1番。妻の実家から一駅。自転車でもいける距離。駅から徒歩6分。小学校も近い。商店街は寂れていましたが一応ある💦

 

肝心の部屋の間取りは田の字スタイルの3LDK。大きさは70㎡。間取り図を見たときはあまりにも平凡過ぎるのでトキメキはありませんでした。しかし、よくよく見ると他にない魅力が。柱が完全アウトフレーム。これは意外に珍しく、多くは柱が部屋側に食い込みデッドスペースが生まれます。完全アウトフレームだと部屋をめいいっぱい使えます。もう1点魅力的だったのは窓が大きかったこと。高さが2.2メートルあります。向きも南向きでした。田の字の部屋の泣き所の一つが採光です。開口部が広いことで採光面でも田の字のデメリットをある程度補うことができるものでした。

  

モデルルームに行ってみる

妻に気になる物件の情報を伝えた上で、東京出張の際にモデルルームを観てくることにしました。モデルルームを観て予感は確信に変わりました。ここは買うべきだ。妻に興奮してモデルルームから電話していました。しかし、妻は乗り気ではありませんでした。竣工までまだ2年ありましたし、僅か二件しかモデルルーム見てない目利きで購入してもいいものなのか? そもそもモデルルームは良く見えるように作られている、不動産会社に乗せられていないか?人生で最大の買物を簡単には決められない。何より私が1人で突っ走っていることに不安を感じていました。

 

そりゃ当然ですよね。運命の出会いだと私は感じましたが、まだ購入までには越えなくてはいけないハードルは数多くありました。