クマ坊の日記

人材育成と本とサッカーが中心のブログです

福岡でとら食堂を食す

f:id:kumabou2016:20180523164958j:image

 

18年前に私は仙台にいました。当時の担当エリアは福島県。白河にもよく仕事で通いました。当時の事務所は赤字で閉鎖寸前でした。だから経費は絞りに絞られました。世が明けぬ前から仙台を出発し深夜に戻ってくる。今だとブラックな働き方と言われるんでしょうね💦 20代で体力だけはあったから耐えれたんだと思います。

 

そんな白河での唯一の楽しみがラーメンでした。喜多方が有名ですが福島県には美味しいラーメン屋がたくさんあります。白河もそのひとつ。私も白河行くまではラーメンが美味しいとは知りませんでした。当時からの人気店のひとつが「とら食堂」中太の縮れ麺に、優しい味の醤油スープ、チャーシューも厚くてジューシー、ワンタンも入っています。肉体的にハードな出張エリアでしたが、白河ラーメンを食べるのが当時のモチベーションでした。インパクトがある味付けではないのですが、毎日でも食べたい味です。本当に美味いラーメンはシンプルなんだなと妙に納得したのを覚えています。仙台を離れてからは久しく食べていませんでしたが、その名店がなんと福岡に店を開いていました。

 

見つけた時は、「本当にあのとら食堂?」と疑っていました。昼に行っても並んでないし。白河のとら食堂は並んでいましたから。疑心暗鬼で食べてみると懐かし味が蘇りました!まさか福岡で「とら食堂」が堪能できるとは思いもしませんでした。しかも、そんなに混んでないしとここ数年間はお気に入りのお店でした。

 

しかし、そんな平穏な日々も終わりを告げます。NHKの「プロフェッショナルの流儀」で紹介されました。

 

店主が福岡のラーメン店 一風堂の店主と仲が良くて激戦区の福岡で勝負してみないかと誘われて開業したとのこと。とら食堂の店主の話が聞けて面白かったのですが。。。

 

翌日から長蛇の列・列・列。。。完全にバレました。福岡っ子はトレンドに敏感なのですぐ行列します。帰京する前に、もう一度だけ食べたいな。