クマ坊の日記

人材育成と本とサッカーが中心のブログです

【football】もう一度、何度でも

ルヴァン杯の決勝は、1対0で残念ながらの準優勝。前半の戦い方が勝負を分けました。決勝の舞台に臆せずハードワークを行えた湘南ベルマーレの勝利を素直に讃えたい。ギリギリの舞台ではメンタルで紙一重の差がつくと改めて感じました。

 

戦術的な振り返り

戦術的な面からみると、後ろからバスを繋ぐ横浜F・マリノスのスタイルを崩すために、湘南はプレスをかけてきました。統率が取れたプレスで球際の攻防でも前半は完敗でした。特に左サイドが制圧されてボールの預け所がありませんでした。采配面からすると、先発の左ウイングをイッペイシノヅカだった方が良かったかもしれません。

 

どうしたら点が取れたのか

湘南ベルマーレも90分間プレスをし続けられるチームでもありませんでした。スペースができ、横浜F・マリノスらしいサッカーを後半は展開できました。最後のフィニッシュでもう一工夫欲しかったです。敵陣深くまで攻略することはできていましたが、ラストパスが正直過ぎました。湘南のDFはゴール前に張り付いていたのでマイナスのパスが出せれば良かったのですが。ウーゴは流石のポジション取りでしたが、両翼がもっとそのスペースに入ってきたら得点できたようにも見えます、

 

悔しさを乗り越えて

サポーター以上に、選手、監督、スタッフは悔しいと思います。でも、また立ち上がるしかない。ドリカムの歌じゃないけど、「もう一度、何度でも」です。この悔しい経験をどう糧にするかが選手とクラブの価値を決めます。まずはリーグ戦の残留争いでしっかり生き残りましょう。そして、もう一度、何度でも頂点目指して抗い続けましょう。