クマ坊の日記

人材育成と本とサッカーが中心のブログです

【人材育成】平成から令和で変わるビジネスパーソンの育成法

f:id:kumabou2016:20190425235243p:image

平成も残り僅かですね。ビジネスパーソンを取り巻く環境も大きく変化しています。今日は平成から令和に変わることで、ビジネスパーソンの育成法が変わるということを考えていきたいと思います。

 

 

ビジネスパーソンの育成システム崩壊が始まった平成

平成に入ってから、ビジネスを取り巻く社内外の環境は大きく変化しました。バブル崩壊リーマンショック等、企業業績が伸びなくなりました。これは経済的な打撃以上に人材育成システムを破壊する出来事でした。業績が伸びているとストレッチした経験を比較的簡単に獲得することがらできました。ビジネスパーソンは仕事経験を通して成長します。また、平成の初期は正社員、終身雇用制度も生きていました。そのため、仕事を頑張ることが、自分の収入増ともリンクしていました。モチベーションとも連動してたわけです。終身雇用制度で守られていたのも重要です。失敗を恐れず仕事にチャレンジできますから。さらに、正社員だけの同質性が高い職場は、身近でロールモデルを見つけやすく利点がらあります。上司、先輩からのフィードバックも獲得しやすかったと考えます。人が仕事を通して成長する条件が揃っていました。

 

しかし、業績が悪化することで企業の多くはこのシステムを放棄せざる得なくなります。非正規雇用を増やす事で、売上が減っても人件費で調整する経営に舵を切りました。成果主義の多くも人件費のコントロール以上の役割は果たせませんでした。むしろ、成果主義は職場を分断する手助けを後押しすることになります。誰も好んで美味しいポストを譲ったりしません。誰もが好んで仕事のノウハウを提供しません。成長の原資となるストレッチした経験が少なく、モチベーションともリンクせず、目指すべきロールモデルもいなけりゃ、フィードバックをもらうのも一苦労。成長のハードルは上がる一方です💦

 

令話時代のビジネスパーソンに求められること

日本企業の人材育成を支えた諸条件はもうありません。元に戻ることもありません。日本の総人口は加速度的に減少しているので国内マーケットは縮小します。成長の原資である成功体験は減少します。追い打ちをかけるように働き方改革で、さらに仕事経験は得難くなるでしょう。令和時代のビジネスパーソンに求められるのは、経験から学ぶ力になるでしょう。少ない経験から成長できるか否かが分かれ目になると思います。経験から成長する際に差がでるのは、経験を振り返った後の教訓化です。教訓化するためにはインプットが必要です。平成時代と違うのはインプットの領域もあります。従来は自分の専門領域の知識や技術のインプットが大切でした。寿司職人になるなら、寿司に関わる食材、道具、技術を覚えることが重要でした。令話の時代は、今日の正解が明日の不正解になる時代です。だから寿司だけでなく、イタリアンやフレンチの知識も必要になるかもしれません。経営や財務やマーケティングも必要になるかもしれません。知識以外に感性を磨くことも重要になるでしょう。目の前の仕事に集中する一方で、興味関心の翼を広げる。越境学習ができるかどうか、すなわち学び方自体で差がでるように思います。

www.kumabou.com

  

www.kumabou.com

 

 

面白い時代

なんか平成より令話の方がビジネスパーソンは大変そうです。でも、面白い時代ともいえます。平成時代の企業は滅私奉公の世界でした。企業とビジネスパーソンは主従の関係です。上司がカラスが白いと言えば、従がわざる得ないような環境でもありました。しかし、令話になるとそんな企業は衰退する一方でしょう。個人の能力とモチベーションを最大に引き出すことができる企業が成長するはずです。企業と個人がより対等に違い関係になるでしょう。そう意味では、ビジネスパーソンにとって厳しいが面白い時代に突入していくのだと考えます。

 

www.kumabou.com

 

【人材育成】新社会人に贈る言葉

 

SLAM DUNK 新装再編版 20 (愛蔵版コミックス)

SLAM DUNK 新装再編版 20 (愛蔵版コミックス)

 

 今年、私が担当させて頂いた新入社員研修も昨日で最終日でした。3週間で600名弱の方々と会うことができました。皆さんの不安が少しでも解消し、社会人生活の第一歩を踏み出すお手伝いができていれば嬉しいです。

 

社会に出ると様々な人と出会います。素敵な人もいれば、とんでもない上司や取引先に出くわすかもしれません。理想と現実のGAPに悩む日々に見舞われるかもしれません。

でも、どうか諦めないでください。スラムダンク安西先生も話していました。「諦めたら、そこで試合終了ですよ。」頑張っていれば、その姿を見て応援してくれる人もでてきてくれます。どうか、素晴らしい職業人生を送られることを切に願います。頑張れ新社会人!

f:id:kumabou2016:20190418205418j:plain

出典:SLAM DUNK

 

www.kumabou.com

 

 

www.kumabou.com

www.kumabou.com

 

【人材育成】白神山地とポジション争いとビジネスパーソンの成長

f:id:kumabou2016:20190417184505p:image

今春も多くの新入社員研修を担当させて頂いています。皆さん素直で真面目でキラキラしています。私が話す事を一生懸命メモしています。その姿勢は素晴らしいのですが、新人の皆さんに対しては話聞くだけでは成長できない事を必ずお伝えしています。

 

 

白神山地と共生

白神山地ってご存知ですか?秋田県青森県にまたがる広大な山地帯です。世界最大級のブナの原生林が広がります。人の手がほとんど入っていないのが珍しく、1993年には世界遺産に登録されています。私が訪れたのは2000年だったと記憶しています。当時は毎月200時間ぐらい働いていて、流石に身体と心が悲鳴をあげました。10日間休暇を取って北東北の青森、秋田、岩手をドライブ旅行しました。白神山地は見渡す限りの森と山。疲れた私を優しく包んでくれました。雄大大自然にも感動したのですが、そこで出会ったネイャーガイドの話も印象に残っています。白神山地には多種多様な動植物が共生しています。共生って響きが優しいですよね。でも、実際の植物同士は過酷な生存競争を繰り広げているんですよね。少しでも日当たりが良い場所を確保するために枝を伸ばすし、水分を取るとめに根も伸ばす。そんな繰り返しが、白神山地の多様性を形成しています

www.shirakami-visitor.jp

 

ポジション争い

この事は働く職場にも当てはまります。どんな仕事もポジションが限られます。重要なポジション言い換えれば貴重な経験をつめる事でビジネスパーソンは成長することが可能です。成長して評価を受ければ報酬にも繋がりますね。新入社員の時にこの事を理解しているか否かは、その後の成長に大きな影響を与えます。学生時代と同じように、仕事は会社が与えてくれるもの、成長機会は人事が考えてくれているもんだと受身の姿勢で過ごしていると、会社に使い捨てにされる労働力になりさがります。企業だって競争しているわけですから、いかにインプット少なくアウトプットより多く出すかに必死です。価値を生み出す優秀な人材には惜しみなく投資するけど、それなりの人材はそれなりの投資で済ませたいですよね。経営者がそんな考え持ってなくても、株主からのプレッシャーには抗えなくなってきています。

もう一つ悩ましいのは、重要なポジションが変わってしまう時代だということです。昔であれば花形部署とか分かりやすかったです。現代は、花形が負け犬に、負け犬がキラ星に目まぐるしく変わります。だから新入社員は世の中の動き、社内の動きにも関心を持つべきです。そして、5年後、10年後にどうなりたいか想像の羽を広げるべきでしょう。未来の事は誰にも分かりません。でも、想像する事は可能です。どうなりたいかは、損得だけでなく好きか嫌いかも加味して考えるべきです。こんなことは新入社員も理解はしているのですが、自らアクションを起こせる人、起こせない人で別れるのも事実です。

 

 

www.kumabou.com

 

www.kumabou.com

 

今を一生懸命生きてみる

将来に未来を馳せながらも、まずは目の前の仕事に全力で取り組む事です。いきなり高みには駆け上がれません。全ての仕事は異なるようで基本は同じです。そして成長するには時間が必要です。すぐ身につくものはすぐ使えなくなります。長い期間かけて習得したスキルや習慣は想像以上に強固です。今を一生懸命生きつつ、顔を上げて社会や周囲に関心を持つ事が、豊かな社会人生活を過ごせるように私は思います。

【人材育成】ビジネスマナーで差をつけよう!

f:id:kumabou2016:20190415205036p:image

 

新入社員研修で学ぶ項目で、ビジネスマナーがあります。新人の頃には口酸っぱく周囲から指摘されますが、ベテランになればなるほど出来なくなる不思議な代物です。今日はビジネスマナーについて考えてみたいと思います。

 

 

人は見た目が9割

職場での第一印象はやはり重要です。人が人を評価する基準はかなり曖昧です。ビジネスマナーは周囲が新人を評価する際の物差しになります。上司や先輩も人なので、めんどくさそうのとは絡みたくないと感じるのは自然な感情です。新人の立場からすると第一印象で判断するなんて!という意見もあるかもしれません。でも、例えばコンビニの前でうんこ座りしてカップラーメン食べている学生がいたら、どう思うでしょうか。あまり近寄りたくないですよね。実際に話してみたら、とてもいい若者だったとしても。職場の上司、先輩は自らのビジネスマナーの物差しで新人を評価します。ビジネスマナーの物差しは、会社や職場によって違います。緩い職場もあれば厳しい職場もあります。緩い職場に配属される新人は要注意です。周囲が緩いからと安心していると勘違いします。仕事は取引先など外部の人間とも接するからです。外部は外部の物差しで、その人物を評価しますから。

 

ビジネスマナーとフィードバックの関係

ビジネスマナーには、お辞儀の角度とか、敬語とか様々なルールがあります。どれもしっかり身につけることが出来るとそれだけで周囲から一目置かれるでしょう。周囲から一目置かれれば、上司や先輩とのコミュニケーションも自然と増えます。周囲から可愛いがられることで、フィードバックをもらいやすくなります。フィードバックは、ビジネスパーソンにとって極めて重要です。何が強みで何が弱みかは自分ではなかなか分かりませんから。周囲からのフィードバックという鏡を通してのみ、自己を振り返る事が出来るのです。

 

www.kumabou.com

 

インプレッションマネジメント

ビジネスマナーは新人だけの問題ではありません。管理職以上にむしろ必要とされるスキルです。挨拶しない管理職って多いですから。周囲を動かして成果を上げるのが管理職です。昔のようにコマンド&コントロールで成果は上げれません。現代は対話と共感のマネジメントの時代です。だからこそ、自分が周囲からどのように見られているかに敏感でなければいけません。自分の印象をマネジメントすることをインプレッションマネジメントといいます。ビジネスマナーもその1つです。

 

たかがビジネスマナー、されどビジネスマナーですね。

 

【人材育成】あなたは今を生きていますか?

f:id:kumabou2016:20190409210931p:image

学生のとき、好きだった映画に「今を生きる」があります。ロビンウィリアムズが主演で、確かアカデミー賞脚本賞を取った作品です。先週、今週と新人研修を担当させて頂いている機会が多いのですが、ふとこの作品を思い出してしまいました。今日はその時のお話です。

 

 

成長を急ぎすぎる新人

研修後に新入社員と夕飯を食べていると、「この会社にずっといるかは分からない」「3年後には転職しているかもしれないと」いう発言が意外に多いのに驚きます。新人研修の講師に、そんな話しをするのも驚きですが💦。人手不足の売手市場ですし、転職を考えるのも健全です。寄らば大樹の陰よりもいいですよね。ただ、少し急ぎすぎのような感じも受けました。

 

出来ると実践するには深く暗い溝がある

どんな業種、どんな職種でも活躍するためには土台が大事です。具体的にはコミュニケーション力、ロジカルシンキング、その合わせ技である問題解決力の3つになります。最近はこれらに加えてリーダーシップも求められます。基本的なスキルとはいえ、習得には時間がかかります。日常の仕事でも意識してこれらのスキルを実践しないと身につきません。知ってると出来るにも大きな壁がありますし、出来ると実践するには深く暗く広がる溝があります。わかっているけどできるけど実践できない事は意外に多いものです。

 

遠くの将来よりも「今を生きる」

一握りの天才を除けば、全員普通の人です。すぐに活躍できるよかビジネスパーソンになりたいかもしれませが、あせりは禁物です。目の前にある仕事に全力で取り組み、その経験をしっかり振り返る事でしか成長は望めません。今をいきことが成長への近道のよう思います。

そして、是非、スキルだけでなく感性も磨いてください。昔はより早く、より安く、より高品質を目指せばビジネスは上手くいきました。だからスキルの向上がビジネスパーソンとしての成長に繋がっていました。現在は分からないことがあれば、GoogleYouTubeですぐに調べられる時代です。知識やスキルの価値が相対的に下がってきているように見えます。むしろこれからはセンスや感性が問われる時代のような気がします。そして多くの人が共感できるような感性を合わせ持つ人の価値が高まるのだと思います。

 

冒頭の映画、今を生きるでこんなセリフがあります。

「私たちが詩を読み書くのはカッコイイからではない。私たちが詩を読み書くのは人類の一員だからだ。人類は情熱で満ちている。医学、法律、ビジネス、エンジニアリングは私たちの生活に必要なものだ。しかし、詩、美しさ、ロマンス、愛情こそが私たちが生きていく目的そのものだ・・・

 

あなたは今を生きていますか?

 

いまを生きる (字幕版)

いまを生きる (字幕版)