クマ坊の日記

人材育成と本とサッカーが中心のブログです

【football】よく頑張った 渓太


【公式】ハイライト:横浜F・マリノスvs浦和レッズ 明治安田生命J1リーグ 第19節 2019/7/13

昨日はJリーグ第19節 横浜F・マリノスVS浦和レッズの一戦でした。結果は、見事3対1で横浜F・マリノスの勝利でした!この試合先制ゴールを決めたのは遠藤渓太!東京オリンピック世代の左WGです。エジカルジュニオ、マルコス・ジュニオール、仲川、遠藤のでカルテットを組み驚異的な攻撃力をマリノスにもたらしていました。しかし、何故か遠藤1人だけは今季はノーゴール。今までも惜しいシュートがたくさんあったのでサポーターもヤキモキしていました。その渓太がやっとゴールを決めてくれました。1点決めたので、今後はケチャップドバドバとゴールを量産してくれるのではないでしょうか。渓太は今季も成長しています。縦へのドリブルだけでなく、中へ切り込むタイミングも成長の跡がみえます。裏へ飛び出す動きも秀逸です。後はゴールが欲しいという状況でした。元々、シュートテクニックは課題でした。ただ渓太の場合は、あまり考えすぎてもよくないようにみえます。今回のように思い切って足を振り抜けば、ゴールがついてくるように思います。しかし、若い選手が成長していく様を見るのもサポーターの醍醐味ですね。

最後にこの試合あった誤審について一言。浦和レッズのサポーターからすると腹立たしい判定でした。もし、立場が逆であったらと思うとなんとも言えません。試合内容からすると3対1というスコアは妥当だと思いますが、誤審絡みだとこちらも後味が悪いです。Jリーグの最大の課題は審判ですね。審判も一生懸命やっているのはわかるのですが、いかんせんレベルが低い。審判もプロ化できないですかね。現状の処遇だと、優秀な人材を集めるのは大変です。審判はほとんどが兼業ですから。何事もなくて当たり前。今回のような誤審をしたらスタジアム全体を敵に回す。報酬に比べて割に合わない職業のような気がします。footballが好きで審判されているのでしょうが、審判だけで飯が食えるようになれば技術ももっとあがると思うんですが。また、VARの導入も併せて検討して欲しいです。私はミスジャッジも含めてfootballだと考えるので、VARは好きじゃありませんがJリーグミスジャッジが多すぎますから。テクノロジーの力も借りた方が良いかもしれません。