クマ坊の日記

人材育成と本とサッカーが中心のブログです

【book】新しい文章の教室

 

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス)
 

今日は本のご紹介。「新しい文章力の教室」です。著者は唐木元さん。ポップカルチャーのニュースサイト「ナタリー」の編集長。とにかく分かりやすくて詳細です。

 

 

おすすめの理由

文章に関する本は著書にとってハードルが高いです。何故なら本自身が分かりやすくなければ説得力ゼロですから💦 この本はとにかく分かりやすい。初心者を想定して書かれています。しかし、後半になるにつれ細かなテクニカルなことも技術されています。

 

本の構成

  1. 書く前に準備する
  2. 読み返して直す
  3. もっと明快に
  4. もっとスムーズに
  5. 読んでもらう工夫

 

四章以降が知らない情報でした。例えば「可能表現に頼らない」以下、本からの引用です。

 

「〜できる」「〜可能だ」「〜れる」という可能表現は、唐木ゼミでは並べく減らすべきフレーズの一つと位置づけています。というのもモノの説明をするとき、可能表現は大変使いやすく、なんなら全ての文末が可能表現になっている文章を見かけるくらい頻出してしまうからです。なにしろモノの特性に「できる」「可能だ」と付けるだくで文が成り立つので、一切の工夫もなしに書き進められます。そのイージーさは、文章力向上の妨げになりますし、何より読み手からすれば安置な印象を免れません。

 

読んでてドキッとしました。私の文章は安易の大安売りです💦 ブログ書きながら思うのは、「もっと上手な文章が書きたい!」そんな悩みにヒントを与えてくれる良書です。