クマ坊の日記

人材育成と本とサッカーが中心のブログです

管理職に求められる方針翻訳力

目次

 

管理職に何故方針翻訳力が必要か?

どんな企業にも方針があります。経営が社員に対して、「今年はこうやっていくぞー」という方針です。経営から出る方針の多くは抽象的です。様々な部門の多くの社員に向けてメッセージを発信しなくてはいけないので、誰にでも分かるように抽象的で短い方針になるのが普通です。例えば25%コストダウンとか、売上対前年比10%アップとか。

 

当然、上位方針は段々と下の階層に下りてきます。その際、必要なのが管理職の方針翻訳力です。上位方針は前述した通り抽象的です。上位方針を具現化するために、我が部門では何をどのように実行していくかを部下が理解できるように翻訳していく必要があります。

 

駄目な管理職は、経営方針をそのまま部下へ伝えます。「社長が今年はコストダウンって言っるから」というような感じで。さらに始末が悪いのは、「私はおかしいと思うが、社長の方針だから。部長が言っているから従ってくれ」という管理職もいるのではないでしょうか。そんな事言われて仕事する部下の気持ちはどうでしょう?モチベーションが上がるとは言えません。

 

では、方針の翻訳とはどういうイメージでしょうか。今回は簡単な事例で説明してみたいと思います。

 

方針翻訳例

殿様(社長)

「家老!風が強い!火の用心をせよ!」

ここで殿様が「風が強い」と外部環境について述べています。これは客観的な事実です。外部環境から「火の用心をせよ!」という経営方針を打ち出しました。駄目な企業は、この殿様の発言を受けて、部長も「火の用心せよ!」課長も「火の用心だってよ」と末端まで抽象的な「火の用心」のスローガンだけが伝わります。そして、それぞれの部門が描く「火の用心」施策が展開されていきます。現場は指示通り「火の用心」を実施しますが、誰も自分のやっている仕事が「火の用心」に本当に役立っているか分からない状況に陥ります。

 

では、優秀な家老はなんと発言するでしょうか?

 

家老(部長)

「奉行集まれ!殿様から風が強い!火の用心をせよ!との指示が下った。そこで我々の部門では、風が強いので、火の始末に気をつけろ!そして水の準備をせよ!」風が強いは外部環境を表しているので表現は変わりません。後半の表現は「火の用心をせよ」から「火の始末に気をつけろ!」と少し行動が具体的になりました。さらに「水の準備をせよ」と新たなキーワードが加わりました。家老は火の用心を「火の始末に気をつけろ」と「水の準備」という要素に分解し、翻訳し直しました。

 

もちろん、奉行(課長)は部下に「家老が火の始末をせよ!水の準備せよ!」と言っているからと伝えてはいけません。優秀な奉行(課長)ならばどのように伝えるでしょうか?

 

奉行はここで考えます。「火の始末」をするためには具体的に何が必要か?「そもそも、城のどこで火を扱っているか分からないな?そうだ火を扱っている場所を地図で見える化しよう!」「水の準備をするために、貯水槽を作ろう!ただ水があっても火事があった時に消火できないと意味がない!消防訓練もしといた方がいいのではないか。。。」

 

奉行(課長)

「みんな集まってくれ!殿様から風が強いので、火の用心せよとの指示が降りてきた。家老はその指示を受けて、①火の始末に気をつけろ ②水の準備をしろとの指示をだされた。我々の課としては①の方針を受けて、火を扱っている場所マップに記載することで見える化したい。②に関しては、いつでも水が使えるように貯水槽を作る。さらにいつ火事が起こっても対応できるように消防訓練も実施したい。」

 

まとめ

ポイントは方針をより具体化していく点です。さらに上から言われたことにプラスアルファの価値を付加することです。付加価値=その人材の価値です。そしてどのような付加価値を与えるかという点にその人らしい仕事の工夫が生まれます。自分の創意工夫で仕事をすることで仕事に面白さが生まれます。

 

おまけ

では、奉行の指示を受けて優秀な足軽(一般社員)はどのような行動をするでしょうか?

 

 

 

青木功 勝負論 

 

勝負論(新潮新書)

勝負論(新潮新書)

 

 プロゴルファーの世界の青木功さんの本を今回は読みました。私はゴルフはやりませんが、青木功は知っています。1983年にハワイアンオープンで優勝した時に、父親が興奮しながらテレビを見ていたのを覚えています。

目次

一流と二流は何がちがうのか

「体 技 心」を整える

「身の立て方」を考える

負けないよ

強くなる

現場で学んだ秘策

逆境を楽しめ

失敗を成果に変える

道具論

稼げるプロの条件

勝負論

幸も不幸も人との縁

チャリティーとは何か

「挑戦」はやめられない

楽観主義が運を運ぶ

反・ゴルフ論

「食」と「酒」へのこだわり

プロとして半世紀を生きてきた

 

話は多岐に渡ります。半世紀以上、プロの世界で生きてきた青木さんの言葉は味があります。海外ツアーに挑戦したプロゴルファーの先魁だけあって、その経験談は示唆に富みます。以下、最も印象に残った箇所と私の感想です。

「超一流」への道

一流選手と二流選手の違いの大前提として、青木さんは「プラス思考でなければならない」と喝破します。二流選手は結果がでないと「⚪︎⚪︎しなきゃいけない」という思考に陥りがちだが、何が足りなかったかを客観的に振り返って「⚪︎⚪︎しなきゃ」ではなく、自分の意志で「こういう練習をするんだ」っていうプラス思考の気持ちで前に進むべきだと語ります。そして二流から一流の世界に進める瞬間は、ちょっとしたきっかけにあるとも話します。青木さん本人自身もプロテストに合格してから、初優勝するまで7年間の年月を費やしています。20代後半でプロゴルファーをやめてプロボウラーになろうかと真剣に転職も考えたそうです。あの世界の青木がですよ?私はこの本を読んで驚きました。青木さんの転機になったのは、プロとして出場した大会で予選通過をしたことだそうです。予選を通過したことで「やればできるじゃないか!」と自信を持ったそうです。プロゴルファーもビジネスパーソンも小さな成功体験を持つことが大切だと感じました。

 

一流と超一流の違いとして、「継続的に良い結果を出せるかどうか」を青木さんは指摘します。当時の超一流選手として、アーノルド・パーマー、ゲーリー・プレーヤー、ジャック・ニクラウスをあげ、特有のオーラーを持っていたと語っています。超一流の選手の具体的な違いとして 「当たり前のことを当たり前に実行できる継続力」だと推察しています。なぜなら、ちょっとしたことを安易に継続をあきらめる選手は実際のプレーする時も同じような"あきらめ癖”がでてくるからだそうです。

 

ビジネスパーソンも仕事ができる人は、基本がしっかりしていて継続性がある人ですね。部下にも、継続的に成果を出せる人材になることを求めています。長く仕事をしていれば一度や二度は大きな成果を出せることが普通です。でもそれが三回、四回と続けれる人とそうでない人には大きな差があると私は感じます。基本がしっかりしているだけでなく、そもそも仕事が好きな人が継続的に成果をだせる人だと思います。端からみると大変そうな努力でも、本人からすると継続的な努力は当たり前の日常の一部なんでしょうね。

 

新書ですぐに読めてしまう本です。ビジネスパーソンにオススメの1冊です。

 


青木功PGAツアー大逆転初勝利 2/2

 

 

 

 

 

 

運動会とタイムマシーン

 

1.決戦は朝から始まる

前回の記事で書いた通り、4時半から私は場所取りのために並びました。サッカーの試合でもライブでもこんなに朝早くから場所取りのために並んだことはありません。全く人生とは不思議なものです。先頭の方は朝1時からでした。徹夜じゃん!

何故こんなに早くから並ぶかというと、開催会場が原因です。娘が通う幼稚園は運動会を体育館で開催します。市が所有する体育館を貸し切ります。かなり広い会場なのでベストポジションをキープするのが争奪戦です。

 

2.パパ友作戦

ベストポジションを確保するために無策では望みません。当日、参加できるパパ友3人でチームを組んで席取り確保する作戦を立てました。体育館は3階だて。開場したら一気に階段をかけ登らなければなりません。3人の中の一番若いパパさんに走って第一希望の席を狙ってもらうことにしました。私ともう一人のパパさんは2番手で、第2希望、第3希望のポジションを狙います。朝これないパパさんの分も含めて4家族20席を確保しなければなりません。この作戦は若いパパさんが頑張ってくれて第1希望を確保してくれました。私も第2希望、第3希望を確保することに成功しました。持つべきはパパ友です。

 

3.運動会スタート

娘が出場する種目は、組体操、マーチング、リレー、親子レース、親子ダンス、全体ダンスの七種目。流石に年長さん。最後の運動会なので出番が多いです。一番感動したのはマーチング。102名の年長さん全員での種目です。ドラム、旗、チアリーディングの3つが一糸乱れぬ連携で見せてくれました。娘はチアリーディング。とっても可愛かったです。それに目頭も熱くなりました。3年間でこんなに成長したんだなと実感しました。

 

年少さんや、年中さんの競技も当然見ます。娘が過去体験してきた競技です。「ああ3年前は娘もこの競技してたな。昨年はあの競技してたな。」と思い出しながら見ていました。

 

4.タイムマシーン

 娘の成長を運動会を通して感じると共に、自分が幼稚園の頃の事を思い出していました。娘が今回リレーでライバルチームを抜いて、チームの勝利に貢献しました。自分も幼稚園の時にリレーに出ましたが抜くことはできず3位でした。娘の運動会の経験を追体験することで、タイムマシーンに乗ってもう1回自分の人生をやり直しているような感覚を持ちました。まあ、あんまり思入れすると変な親になるので気をつけねばいけないと思いますが。とにかく不思議な感覚でした。

 

5.やさしい気持ち

朝、席取りに全力を傾けましたが、競技によってはカメラのベストポジションが当然違います。今回、金曜日開催で通常より観客が少なかった理由もありますが、自分の子供の競技の時は席を譲りあう人がほとんどでした。年中さん、年少さんの競技の時、私たちの席から写真が撮りたい人がいれば喜んで席を譲りました。その逆もしかし。同じ年長さん同士でも席を詰めて写真やビデオが取れるよう融通しました。みんな親は同じ気持ちですもんね。その光景を見ながら、この幼稚園に通えて良かったなと思いました。

 

 

 

 

運動会

今日は娘の運動会。幼稚園で最後の運動会。というわけで朝の4時半から場所取りの為に並んでいます。すでに仲の良いパパ友たちは並んでいました。先頭は3時から並んでると話していました。凄い!

 

しかし、娘が産まれる前はまさか自分が場所取りの為に、まだ夜も明けないうちから並ぶとは思いもしませんでした。人生は不思議です。

 

さあ、今日は長い長い一日になりそうです。いや、始まったらあっという間ですかね。思いっきり運動会を楽しみたいと思います。

40代のビジネスパーソンのキャリアの考え方

40代のビジネスパーソンのキャリア開発

今回の記事は40代のビジネスパーソンのキャリア開発についてです。まさに私がその対象のど真ん中にいます。

 

1 人生の午後

心理学者のユング先生は、人の一生を太陽の運行になぞらえて四分割で説明しました。その中で、40代を「人生の午後」と定義しました。青年から中年に変わる時期であり、太陽が沈んでいく始まりなので転換期であると指摘します。そして午前から午後への転換には気をつけろと指摘します。今まで登ってきた太陽が沈んでいくのですから。。。

 

2 40代のキャリア研修の内容

40代を対象にしたキャリア研修では、徹底的に自己の棚卸しをします。自分の強みは何か。弱みは何か。外部環境で自分にとっての機会は何か?逆にどんなリスクが考えられるのか?定年後はどんな働き方、生活の仕方をしたいのか?先立つために必要な資産状況は?自分自身を客観視していく研修になるのである意味辛いです。まだ40代であれば職場の中核としてバリバリ働いているでしょうし。そんな時に下山のキャリアは描きづらいかもしれません。それに、考えたところで描いたキャリア通りにはならないとも感じるのがノーマルな反応です。

 

でも、ぼんやりとでも考えておくことは大切です。何を始めるにも準備が必要だからです。そしてその準備は絶頂期を過ぎてからでは遅くて、少しづつ用意した方がリスクは下がります。

 

3 私自身のキャリアプラン

私自身で言えば、まず最初に今後20年間のライフイベントを洗い出しました。なんたって娘がまだ小さいですから。そして必要だと考えられる支出も計算します。家のローンや教育費。毎年、一回は旅行に行きないなとか。かなり具体的に洗い出します。そして現在と将来の収入を試算します。例えば、後10年も経てば役職定年で収入はガクッと減ります。定年で再雇用になれざさらに収入は下がることは明白です。

 

次に自分がどう生きたいか。働きたいかをイメージします。その際に押さえておくべきは、自分の価値観の源泉です。人間って不思議な生き物で損得だけで生き方は決められないんですよね。心地よい生き方は人それぞれです。

 

私にとっての大切な価値観は、家族、挑戦、人の3つです。今の働き方を気に入っているので定年後も働き方自体は変えたくありません。だとすると、マーケットで価値があるバリューをだせるようにすることが大切です。

 

そこで今は管理職とコンサルタントの二足の草鞋ですが、コンサルタントの領域により軸足を置いた働き方がいいのかなと考えています。人材開発のコンサルタントとして稀少価値を出すには。。。そんなことを考えています。

 

もっとも、将来の準備の為に今を犠牲にする気はサラサラありません。幸いにも、私の目指す方向性と現在の仕事は重なるところが多いです。それに、今を全力で過ごすことが将来のキャリアに繋がると私は考えています。

 

かのアインシュタイン博士もこんな言葉を残しています。

「人生とは自転車のようなものだ。倒れたくなければ走り続けなければならない。」

 

 

 

 

 

 

 

微差は大差につながります

大企業では、階層別教育やスキル教育とは別に、キャリア研修というものを開催している会社があります。30歳、40歳、50歳という区切りの歳に開催されます。年齢で選抜されるので、役職や職種もバラバラです。企業でキャリア研修が開催されるようになったのは、2000年代の初頭です。企画された背景としては、終身雇用制度が維持できなくなったことが大きいです。「定年まで面倒みれないから、自分のキャリアは自分で考えてね。」ということです。

 

その後、経済環境も持ち直してきたのでキャリア研修は一旦下火になりました。しかし、年金支給の開始時期が伸び、2013年に60歳を過ぎての再雇用が義務化されると、またキャリア研修が復活してきました。企業としては、65歳までは希望者は雇用しなくてはいけません。そこで、キャリア研修の企画の背景を一言で言えば「生涯現役!60歳過ぎてもバリバリ働いて!」です。

 

経済が右肩上がりの時代なら、企業も余裕があるのでいいのですが。今の時代、明日の経営環境は不透明です。雇い続ける以上、それなりのパフォーマンスを求めようと考えるのは経営としては当たり前です。

 

ビジネスパーソンのキャリア論は、様々な考え方があります。しかし、多くのキャリア研修で使われている考え方は、must・can・willの3つの視点から考えましょうです。mustは会社や職場からの期待。canは能力やスキル。willは自分がやりたいこと。この3つが重なるようなキャリアが望ましいことと説明します。

 若手には役割期待理解を、中堅・シニアには活躍領域の確立を促す

 

ただ普通、この3つの輪が始めから重なっていることは稀です。会社からは、一見つまらない仕事や無理難題がmustとして降ってきます。ビジネスパーソンのキャリア初期は当然できることも少ない。自分が何がやりたいかも分からない。。。

 

ビジネスパーソンのキャリア初期で重要なのは、canです。できること、すなわちスキルや能力を高めることでmustやwillと重なる部分を作ることができます。すると新しいwillを発見することができたりします。

 

私自身も、今の仕事で飯が食べていけそうだと感じるのに3年間。天職だと感じるようになるのに7年かかりました。入社当時はいつまでこの仕事続くだろうと考えていました。人間って現金で、出来ることが増えて自信がつくと、仕事にやり甲斐とか感じてしまうんですね。

 

では、ビジネスパーソンのキャリア初期で伸ばすべきcanとは何でしょうか?専門スキルや技術を高めておくことは重要です。しかし、専門スキルよりもさらに重要なスキルはポータブルスキルと呼ばれるものです。ポータブルスキルとは乱暴に申せば「コンセプチャルスキル」と「ヒューマンスキル」の二つです。コンセプチャルとは問題解決に必要な考える力。ヒューマンスキルはコミュニケーションスキルですね。これを鍛えておくとどんな仕事でも使えます。このスキルが厄介なのは一見見えないところです。でもみなさんの職場を見回すと、仕事ができると呼ばれている人の多くはこの2つのスキルを持っていることがほとんどです。ポータブルスキルを有しながら、専門スキルを持っている人はとても貴重な存在です。

 

是非、若いビジネスパーソンはご自身のキャリアを考えるときに、will must canのバランスで考えてみてください。特にcanの輪を広げることが得策です。そしてcanを検討する際は、専門知識や専門スキルだけでなくコンセプチャルスキルとヒューマンスキルを伸ばすことを意識するといいと思います。この二つのスキルを伸ばすには、自分に与えられた仕事より少しストレッチした仕事をすることです。つまり上司から指示された仕事に一手間加えた仕事をすることを常に意識することです。あとはどれだけその経験を積み重ねたかが重要です。入社したときにどんなに立派な学歴があっても、経験を積まねばポータブルスキルは獲得できません。毎日の少しの差が気づいたら大きな差になるものです。微差は大差につながります。

 

 

おもろい話 1

先日、家族で温泉に行ってきました。市内にあるスーパー銭湯のような温泉です。温泉や御飯やレクリエーションも楽しめる施設です。

 

施設につくなり、娘が「卓球やりたい!」とのこと。荷物を置いて作務衣に着替えて、家族3人で早速卓球をスタート。30分ぐらい卓球を楽しみました。いい感じに汗も書いたので温泉に入ろうとしたところ。。。

 

妻が「鍵がない!」と話てきました。その施設は、更衣室のロッカーも施設内での飲食やレクリエーションも鍵のバーコードで精算されるものでした。

 

幸い、まだ卓球しかしていないからポケットやカバンに入っているのでは?ということで鞄やポケットをみんなで大捜索。しかし、鍵が、見つかりません。「卓球している時は鍵どうした?」と尋ねると、「手首にしていたけど、だんだん邪魔だなとは思ったことは覚えている」とのこと。それでは、卓球している時に落としたかもしれない!と卓球場を再び大捜索。でも、やはり見つかりません。

 

もしかしたら、すでに誰かが拾って届けているかもしれないと思いフロントに確認するも届いておらず。

 

見落としがあるかもしれない。再度、荷物を全部ひっくり返して大捜索。でもやはり見つからない。。。

 

妻は「この鍵無くすと弁償だよね。まだ卓球しかしていないのに。。。」気落ちしていました。私は「しょうがないよ、新しい鍵を貰えばいいよ」と慰さめながらフロントへ。

 

妻が鍵を無くしたことを告げると、フロントの男性従業員が「腕にはめているのは?」と恐縮そうに伝えてきます。「手首に嵌めているのは、腕時計です。」と妻が答えると、「手首ではなくて二の腕に。。。」妻の二の腕。正確には肘の少し上に、しっかりと鍵があるではありませんか!その瞬間、妻は顔が真っ赤に。私と娘は大爆笑。自分で腕にしてて、気づかないなんて!大笑いでした。私もまさか腕にしているとは想像にもしませんでした。

 

普段、しっかりしている妻が久々にやらかしたおっちょこちょいでした。人は見たいものしか、目に入ってきませんね。