クマ坊の日記

人材育成と本とサッカーが中心のブログです

【football】完敗でした


【公式】ハイライト:大分トリニータvs横浜F・マリノス 明治安田生命J1リーグ 第4節 2019/3/17

Jリーグ第4節、大分トリニータとの一戦は0対2の完敗でした。横浜F・マリノスは相手に研究されてました。敵将のゲームプランにまんまと嵌りました。監督の指示通り、90分間やり続けた大分の選手も立派でした。大分はすでに強豪の鹿島アントラーズも破っていますが、この強さは本物ですね。

 

横浜F・マリノスは昨年のルヴァン杯決勝で敗れた湘南戦の課題がまだ克服されていないことが明らかになりました。前線からプレスを受けた際、どうやってDFラインから中盤へボールを供給していくのか。

 

また左SBの高野選手の不在の大きさを改めて感じることにもなりました。ティラートン選手は頑張ってくれていますが、守備の強度がやや劣るように見えました。攻撃時もまだポジショニングと連携に関しては調整中ですね。左サイドで天野選手、マルコス選手とトライアングルを形成できていませんでした。

松原選手が怪我から復帰したら、右サイドに。現在右サイドを務めている廣瀬選手を左サイドに持っていって当面は凌ぐ感じになりそうな気がします。

 

攻撃に関しても、横浜F・マリノスが使いたいスペース、例えばハーフスペースやニアサイドに人を置くことで無効化していました。プロの世界は流石に対策が早い。もっともプランを描いても選手が実行できなければ意味がないわけで。その意味でも大分トリニータの選手は凄かった。

 

まあ、課題が早く明らかになったことはいい事です。リーグ戦も2週間おやすみですしね。しっかり練習して、ホームで迎えうつ時は借りを返しましょう。