クマ坊の日記

人材育成と本とサッカーが中心のブログです

福岡在住だけど東京のマンション買いました①

今日はプライベートなお話で恐縮です。この度、新築マンションを購入しました。その体験談を数回に分けてお伝えしたいと思います。マンション購入を検討している人の参考になれば幸いです。

目次

 

家探しは4年前から始まった

異動のために奔走した記事を以前書きました。異動とあわせて動いていたプロジェクトが家探しでした。

 

福岡には転勤でやってきています。福岡は初めての土地でしたが、とても素敵な所です。ご飯は安くて美味い、都会だけどコンパクトで住みやすい、人が温かい!地域のコミュニティが機能していて安心、ちょっと足を伸ばせば自然が溢れている、人口が増えていて活気がある、市内はバスだらけで交通の便もいい、ライブやイベントも多い、空港が近い・・・いくらでも良い所が書けます。福岡で子育てができたことに感謝しています。妻は実家から遠く離れていたので最初は苦労をかけました。

ずっーと住めるなら福岡でもいいんですが、会社勤めでいずれは東京に戻ることが明らかです。ただ東京には持ち家はありません。3年前に東京に戻る可能性もあったので4年前からボンヤリと家を持つことを考え始めました。

 

脳天気な家探しがスタート

最初は私も妻もいい家が予算内であったら買おうかと能天気に構えていました。住宅雑誌を見ながら、「南カリフォルニア風の部屋にしたいねー」「キッチンは海外のシステムキッチンがいいよね」「小さくても庭も欲しいな」「通勤も30分以内がいいな」と理想を語りあっていました。

でも、都内で理想の条件を叶えるとするとお金がない!年末ジャンボが当たらない限り無理ゲーということに半年ぐらいたってから気づきました。💦

 

それまでは中古住宅や中古マンションをリノベーションすれば予算内で行けるんじゃないなんて本気で考えていました。でも、福岡に住んでいるのに中古物件をタイミングよく見つけるのはちょっと難しいです。中古物件はこちらから指名しておかなければいけません。この物件が売りにでたら紹介してと不動産会社に連絡するよう依頼するそうです。当然、人気がある物件は競合になります。物件は絞り込むことはできても、福岡に住んでいる以上、仮に物件が売りに出てもすぐ引っ越すことはできません。資産があれば買えるんでしょうが。そんな資産はありませんでした。

 

住みたい家の条件を決める

まずは現実的に住みたい家の条件を検討することにしました。

  1. 妻の実家に近いエリア
  2. 南向きで陽当たりがいい
  3. リビングだけは広い
  4. 駅から徒歩8分以内
  5. 小学校が近い
  6. 近くに賑わっている商店街がある

 

妻の実家の近くということで、かなりエリアは早い段階から絞り込まれました。💦 新築、中古、戸建、マンション拘りはなかったのですが、中々理想の物件には巡りあいませんでした。。。

 

次回はどうやって、今の物件と巡りあったかを書きたいと思います。