クマ坊の日記

人材育成と本とサッカーが中心のブログです

マネジメント

経験談は何故伝わりづらいのか!?

以前、人の成長は現場での経験が7割。上司や先輩からの薫陶が2割。研修等での学びが1割とお伝えしました。今回は2割に相当する薫陶に焦点を当ててみたいと思います。 目次 薫陶を受けるとは 薫陶でよく使われる経験談 細かな情報が欠落している 経験談が美化…

横浜F・マリノス勝利! Jリーグ第30節 鹿島アントラーズ戦をマネジメントの視点で振り返る

【公式】ハイライト:横浜F・マリノスvs鹿島アントラーズ 明治安田生命J1リーグ 第30節 2017/10/21 先週の土曜日に、横浜F・マリノスは鹿島アントラーズに3対2で勝利しました。今シーズンのベストゲームでした。カピタンの学も、エースFWのウーゴも、本…

パレートの法則とわらしべ長者

今回は知っておくと、結構役に立つパレートの法則を紹介します。 目次 パレートの法則とは イタリアの経済学者であるヴィルフレド・パレート先生が1986年に発見した法則です。 「物事を構成する要素には偏りがあるよ。複数要素のうち一部で全量の大部分が占…

人事考課がなくなる日が来る?

企業で働くビジネスパーソンには、半期に一度、多い会社では四半期に一度の割合で人事考課を実施しているかと思います。評価する側も、評価される側も人事考課は悩ましいですね。しかし、近い将来この人事考課がなくなる日が来るかもしれません。 www.kumabo…

マーケティングの基本をサクッと教えます

今日はマーケティングの基本について解説したいと思います。 目次 マーケティングとは何か? マーケティングを考える4つの枠組み 差別化とコストリーダーシップのどちらに軸足を置くか ゴールイメージが明確に描けるか 優れたマーケティング戦略 マーケティ…

管理職は上機嫌たれ!

管理職の仕事は一言で申しあげると、「自分の考えを、人を動かして、成果をあげること」です。 しかし、「人を動かして」が上手い管理職と下手な管理職がいます。この違いはいったい何なのでしょうか?今回はこのテーマについて解説したいと思います。 目次 …

管理職に求められる方針翻訳力

目次 目次 管理職に何故方針翻訳力が必要か? 方針翻訳例 殿様(社長) 家老(部長) 奉行(課長) まとめ おまけ 管理職に何故方針翻訳力が必要か? どんな企業にも方針があります。経営が社員に対して、「今年はこうやっていくぞー」という方針です。経営…

祖父の魂

kumabou2016.hatenablog.com 以前、祖母の想い出という記事を書きました、皆さまから大変な反響を頂きました。ありがとうございます。祖母の記事を書いた時に、祖父についても記事を書こうと決めていました。 祖父は私が産声を上げた1週間後に他界しました。…

駆け出し管理職の三大病

駆け出し管理職が陥る三大病があります。「私が一番仕事を分かっている病」「私のノウハウを教えてやる病」「なんで教えた通りやらないんだ病」 多くの企業で管理職に登用されるのは、現場で成果をあげてきた人です。成果をあげてきた優秀なプレイヤーであれ…

報告が出来ない新人と、忖度を期待する上司

先日ある企業に伺った際、こんな相談を頂きました。「新人が指示を理解してくれなく困っている。どう指導したらいいんですか?」 もう少し状況を詳しくお聞きすると下記のような現象が起きていることが分かりました。 (1)上司が新人にきめ細かく指示し、分…

優秀な部下はヒーローインタビューで褒める

優秀な部下がいると、管理職は仕事が楽ですよね。でも、ちゃんと優秀な部下のことを褒めていますか? 優秀な部下は、本人も周囲も期待値が高いので「やって当たり前」のハードルが高いことがあります。本人もこの程度のことで褒めてもらってもみたいな気持ち…

リーダーシップ・ チャレンジ

リーダーシップ・チャレンジ[原書第五版] 作者: ジェームズ・M・クーゼス,James M. Kouzes,バリー・Z・ポズナー,Barry Z. Posner,関美和 出版社/メーカー: 海と月社 発売日: 2014/05/02 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る…

管理職の語源は?

昔から感じていたんですが、管理職の管理って響きが悪いと思いませんか?部下の立場からすると、管理されたい人なんていないと思います。 管理を英語ではコントロールといいますね。このcontrolの語源はラテン語の「rotulus」(巻物)に接頭語「contra」がく…

仕事を干された時の話

10年前に仕事を干されたことがあります。私が所属するコンサルティングファームはどれだけ大きなクライアントで、どれだけ大きな金額のプロジェクトをどれだけ数多く受注するかが評価されます。当時はプロジェクトの質も数も社内ではNO1でした。 当時、社…

人事評価のコツ

人事評価は管理職も部下も毎回悩ましいのではないでしょうか?私が評価される側だった時は、評価が自分の想像より低いと「あんなに頑張ったのに」と不平をブーブー言っていました。 日本企業の多くは、人事評価について基本的な思想として誤った考えを持って…

企業不祥事と「まっいいか」

昔、担当していた企業がコンプライアンスで不祥事を起こしたことがあります。その企業は誰もが社名を聞けば知っていると答える有名な企業でした。 不祥事を起こしてから、連日連夜マスコミが本社前に詰めかけました。そんなマスコミ対応に追われいる時に私は…

感謝の手紙のススメ

私は新年度がスタートする際に、部下個々に期待する行動を伝えます。箇条書きに書いて、全員の前で発表します。 そして半期が終わった時に、フィードバックします。耳の痛いことは個人面談の時に伝えます。 逆に褒めたいことは、全員の前で伝えます。この時…

「とんび」マネジメント

とんび (角川文庫) 作者: 重松清 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店 発売日: 2012/10/01 メディア: Kindle版 クリック: 4回 この商品を含むブログを見る 「とんび」という小説があります。作者は重松清。広島が舞台です。妻を失った不器用な父親が男手一…

3人の石工の話と働くみんなのモチベーションと高杉晋作

世界中をまわっている旅人がいました。その旅人がある町外れの一本道を歩いていると1人の石工に出会いました。石工は難しい顔をして石を削っていました。 旅人は「ここでいったい何をしているのですか?」と尋ねた。 「何って、見れば分かるだろう。石を削っ…

マネジメントを回す8つのポイント

管理職の仕事の一つは、変化を予測し事前に手を打つことです。予言者ではないので正確に何が起こるかまではいい当てることは出来ません。 しかし、自分が携わっている仕事であれば1年先に、現在の仕事がどうなっているのか。部下の仕事がうまくいくかどうか…

価値観を浸透させる為に必要なこと

私の仕事は企業の人材育成の支援です。形がありません。そのため、若い時は自分の仕事が、お客様にとって役立っているのだろうか?社会に役立っているのだろうか?と悩んだことがありました。人材育成っ響きは美しいけど、虚業ではないかとか。 人材育成は企…

会議のデザインのススメ

会社でつまらない会議は多くありませんか?「お偉いさんが一人で延々と語ったりする会議」「紙に書いてあることを一方的に伝えられる会議」「詰問されて人前で吊るし上げを喰らう会議」「予定調和的でわたし参加する意味あったのかと感じる会議」「雑談だけ…

職場の問題解決と小さな実験のススメ

仕事は問題解決の連続です。仕事=問題解決と言っても過言ではありません。職場には様々な問題解決があります。問題にはざっくり3種類あります。①是正 ②改善 ③改革 ①是正 どの仕事にも標準があります。しかし、何らかの原因で標準に満たないアウトプットを出…

うまくいく部下育成

毎年、職場には若い新入社員が入ってきます。自分も若い若いと思っていても、テレビやマンガや音楽の話をすると、ジェネレーションギャップを感じます。 管理職の役割の一つが部下育成です。育成が大切だと理解していても、仕事が忙しい管理職からすると悩ま…

働く部下のモチベーション

働く部下のモチベーション管理は大切です。とはいえ、上司が部下のモチベーションで打てる施策は以外に少ないものです。まず、そもそもモチベーションは上がったり、下がったりするのが普通だと認識しなければいけません。いつも、ハイテンションな人なんて…

パワハラ上司は連鎖する

「ちょっと今から仕事やめてくる」予告 映画「ちょっと今から仕事やめてくる」の宣伝を本屋で見かけました。パワハラ上司役の吉田鋼太郎の演技は怖すぎですね。 数は少ないですが、パワハラ管理職の相談をお客さまから頂くことがあります。その会社では、パ…

「お前は責任を取れるのか?」と上司から言われたら

[新ドラマ] 正義を守るため! 裏切った上司をひっくり返す!! 日曜劇場『小さな巨人』 4/16よる9時スタート【TBS】 今、見ているお気に入りのドラマは「小さな巨人」です。同じ枠で以前放送した「下町ロケット」や「半沢直樹」も好きなドラマです。組織や上司…

厳しいフィードバックは、精神力を使い果たします

二カ月前に、自分より10歳年上の部下に、厳しいフィードバックを行いました。 その部下は、人間的にいい人で魅力的な人物です。10年前までは社内でもハイパフォーマーでした。ただ、そこからあまり努力しませんでした。自分の都合の悪いことは他人のせいにし…

コーチングの留意点

前回の記事でビジネスパーソンにコーチングを薦めたばかりなのに、次の記事でコーチングのデメリットを書くのもなんなんですが、コーチングの留意点にも述べておきたいと思います。 ①コーチングする人のスキルが重要 コーチングスキルは個人差があります。コ…

コーチングを使える場面は意外に少ないが大切なスキルです

コーチング技術は管理職にとってますます重要なビジネススキルになると思います。なぜなら、メンバーの能力を引き出すには個別対応のマネジメントが必要だからです。ただその一方で、日常のマネジメントでコーチングを使える機会は意外に少なかったりもしま…