クマ坊の日記

人材育成と本とサッカーが中心のブログです

ビジネススキル

ホンダがきっかけで生まれた新しいマーケティング理論

本田宗一郎夢を力に―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫) 作者: 本田宗一郎 出版社/メーカー: 日本経済新聞社 発売日: 2001/07/01 メディア: 文庫 購入: 19人 クリック: 221回 この商品を含むブログ (67件) を見る 前回の記事で、マイケル・ポーター先生の理論…

ビジネスは立地だ???

前回、マーケティングのSWOT分析についてざっくりと解説してみました。結論はSWOT分析しても何も分析できないよというお話でした。しかし、世界は広い。外部環境分析を解り易く、単純化して説明してしまった人がいます。マイケル・ポーター先生です。今日は…

SWOT分析を解説してみる

ゴールデンウィーク休みに入る前に、マーケティング研修の件である企業の担当者と打ち合わせをしている時のお話です。若い担当者から、「SWOT分析をするといい戦略を策定できるんでしょうか?」という素朴な質問を頂きました。今日はSWOT分析についてサクッ…

感情を制御できる人は仕事ができる

4月はあちこちで各社の新入社員研修をご支援させていただきました。みなさん真面目で素直な人が多かった印象です。未知の体験の連続で大変だと思いますが、是非変化を楽しんで良き職業人生のスタートをきって欲しいと切に願います。新入社員の皆さんに繰り返…

口下手な私が講演できるわけ

先日、打ち合わせで伺ったお客様から「この前、クマ坊さんの講演会にいました。話が上手いんですね」とお褒めの言葉を頂きました。そのような感想を頂くととても嬉しいです。そんな自慢話を家庭でしても、妻は絶対信じてくれません。そもそも講演なんて絶対…

自己実現の誤解

2000年に入る少し前に、自由と自己実現というキーワードが流行ったことがあります。バブルが弾けて終身雇用が崩れつつあり、その一方で成果主義が各社で導入されるようかという時代でした。今までは企業の命じるがままの働き方だったけど、これからのビジネ…

根拠のない自信も武器になる

私は妻から「なんでそんなに自信があるのか分からない?」と言われることがあります。未知の体験に遭遇した時、「なんとかなるよ」とか「俺できるんじゃない?」と発言しては失敗するからです ただ仕事をする上では根拠ない自信も時には武器となります。今日…

レジリエンスの鍛え方

前回、私がメンタルが強いと職場で勘違いされているという話から、今、レジリエンスという理論が注目されていますとお伝えしました。今日は、レジリエンスを具体的に高めるトレーニング方法について解説したいと思います。 目次 レジリエンスを鍛える3つの…

私のメンタルとレジリエンス

会社では「クマ坊さんはメンタル強いですよね」と言われことが多いです。しかし、本人は全くそんな風に思ったことはありません。寧ろいつもドギマギしています。私を最も理解する妻も「どちらかというとヘタレ、いや絶対ヘタレ」と力強く答えてくれます。今…

ビジネスパーソンの失敗しない自己紹介

4月は出会いの季節。新しい職場、新しい役割を担うビジネスパーソンもいるかと思います。それに伴い挨拶する機会も多いかと思います。新しく管理職に昇進した人は部下への所信表明でまずは存在感をアピールしたいなんて考えてるかもしれません。今日はやっち…

新入社員が理解すべきたった5つの事

新入社員の皆さん、ご入社おめでとうございます。多くの新入社員が今日から新入社員研修に参加しているのではないでしょうか。私は皆さんが参加している研修を設計したり、実際に運営したりしています。今日は新入社員研修について考えてみたいと思います。 …

引継ぎのコツ

昨日は私の異動のお話でした。異動と必ずセットで発生するのが引継ぎです。今日はビジネスパーソンの引継ぎにいて考えてみたいと思います。 www.kumabou.com 目次 引継ぎの苦い思い出 不本意な異動の時 引継ぎ書類の作成 定性情報も引継 酷い引継ぎを受けた…

ミスや失敗と上手に付き合う

仕事でミスや失敗をすると憂鬱になりますよね。上司から追い討ちをかけるように叱責されるともう会社行きたくなくなる気持ちもわかります。今日は仕事上のミスや失敗とどのように付き合うかについて考えてみたいと思います。 目次 私が嫌う失敗 犯人探しをし…

人に仕事を任せるときに気をつけること

ビジネスパーソンは一人だけで完結する仕事は僅かです。大なり小なり周囲の人々の力を借りて仕事をすることになります。今日は人に仕事を任せる、お願いするときに気をつけることについて考えてみたいと思います。 目次 仕事を依頼することに躊躇しない 相手…

PDCAからPDSAへ

これまでPDCAについていくつか記事を書いてきました。以前書いた記事でPDCAはデミング先生が日本に持ち込んだ概念だとお話ししました。しかし、このデミング先生の概念には続きがあります。それがPDSAという考え方です。今日はこのことについて説明してみた…

生産的な会議をデザインする

ビジネスパーソンは会議が多いですよね。会議にどんなイメージを持っていますか?退屈な会議、会議という名の公開処刑、何も決まらい会議、逆に結論ありきの会議、発言者がボスだけの会議というか独演会・・・etc 今日は会議の進め方について考えてみたいと…

進捗管理の適切なタイミング

計画も立てて、段取りもバッチリ。でも予期せぬハプニングは仕事にはつきもの。後は計画通り進んでいるかを管理する必要があります。ということで、今日は仕事の進捗管理について考えてみたいと思います。 www.kumabou.com 目次 1年スパンの仕事はどんな頻…

ビジネスのアイデアの作り方

一泊二日の人間ドックに昨日まで行ってました。おかげさまで元気な体でした。妻の手料理のおかげだと思います。感謝です。 さて、今日はアイデアのお話。仕事するまでアイデアとは無縁な人間でした。周囲からアイデアマンと呼ばれる人を羨望の眼差しで見てい…

段取りは準備8割 実行2割

どんなに素晴らしいアイデアを考えても実行しない限り成果は生まれません。そこで今日は実行力を担保する段取りについて考えてみたいと思います。 目次 段取りは「準備8割 実行2割」 段取りで大切なのは自分の5W3H ゴールから逆算して「やること」を抽出…

問題解決の対策案を考える際のコツ

どんな職種でも問題解決=仕事といっても過言ではないと思います。お客さまのお困りごとを解決する、新商品の開発、コストダウン・・・。職場の問題を発見する記事についていくつか書いてきたので、今回は対策を実行する際の留意点について書いてみたいと思…

職場の問題を見つける際の3つの視点

PDCAはCから始めるの記事で、まずは検証が大切なことをお伝えしました。今日は問題を検証する際に意識しておくと役立つ3つの視点を解説してみたいと思います。 www.kumabou.com 目次 鳥の目 虫の目 魚の目 みんなの目で検証する 鳥の目 鳥は空から地上を見…

PDCAはCから始める

今回もPDCAサイクルのお話です。単純な概念ですが実は奥が深いPDCAサイクル。多くの企業と組織で導入されていますが、多くの企業と組織で中途半端な形で終わってしまいます。PDCAの進め方について解説したいと思います。 目次 PDCAサイクルはPから始めると失…

PDCAサイクルとは

今日は仕事の基本PDCAサイクルについて説明してみたいと思います。PDCAサイクルはビジネスパーソンが一番最初に教わるビジネス用語だと思います。でも意外に、PDCAのそもそもについての話聞くことも少ないのではないでしょうか。 目次 PDCAサイクルとは PDCA…

人事考課の客観性とは何か

企業にお勤めのビジネスパーソンはそろそろ人事考課の時期かと思います。そこで今回は人事考課について書いてみたいと思います。 目次 人事考課のトレンド 人事評価の客観性とは何か 評価基準を上司と擦り合わせしておく 評価を上げるにはコマ目な報連相 人…

苦手な人との距離感の取り方

今日は仕事のコミュニケーションのお話です。仕事が一人で完結することがどんなにストレスフリーなんだろうと思ったりしてしまいます。でも、仕事をする以上、仕事のサイズが大きくなればなるほど多くの人の協力が不可欠になります。相性がいい人ばかりだと…

ポジティブ心理学をサクッと解説してみる

前回のブログでは、「ポジティブ思考よりも大切なこと」と題してなんでもポジティブ思考だけで乗り切らないほうが良いという趣旨の記事を書きました。しかし、ポジティブ心理学の効用を否定しているわけではありません。今日はポジティブ心理学についてサク…

雑談が苦手

最近、若い子から「雑談ってどうやってしたらいいんですか?」と真剣に質問をされることがあります。今日は雑談について考えてみたいと思います。 目次 雑談とは 私も雑談は苦手です 娘の友達の親との雑談に苦労する 日常生活では役立たず 雑談とは 辞書で調…

クラウゼウィッツの戦争論と経営戦略

戦略はもともと軍事用語です。企業経営の世界で、経営戦略や事業戦略という言葉が使われるようになったのは1950年代からです。経営と戦争の類似性から経営者はこぞって戦略を学ぶようになります。今日は戦略論について解説したいと思います。 目次 クラウゼ…

人は過去から学べない  だったら現在から学べばいい

私は昔から歴史が大好きです。戦国時代の武将に嵌まり、そして日本史・世界史問わず本を読みあさりました。そして学生時代は様々な史跡を見て回りました。そんな背景もあったので歴史から人は学べることが多いと考えていました。しかし、最近、「人は過去か…

仮説思考のススメ

会社に入社した頃、上司や先輩に耳にタコができるぐらい言われた言葉があります。それは「仮説を立てろ」でした。新人の頃は仮説???でした。今日は「仮説思考」について書いてみたいと思います。 目次 仮説思考とは何か? 仮説思考は何で大切なのか? 仮…