クマ坊の日記

人材育成と本とサッカーが中心のブログです

ビジネススキル

若手を潰す上司の特徴

今日は若手を潰す上司の特徴について、以前書いた「経験から学ぶ力」と関連づけて考えてみたいと思います。 目次 「経験から学ぶ力」の復習 若手を潰す上司の特徴① 若手を潰す上司の特徴② 難易度の高い仕事を若手に任せるときの原則 www.kumabou.com www.kum…

金曜日は残業しない

今日は仕事のダンドリに関する話をしてみたいと思います。この分野は凄く我流なので参考にはならないかもしれませんが。 目次 ダンドリとは ゴールに向けて作業を洗い出す 時間をどう見積もるか 考える時間と作業の時間 週間計画を立てる スキマ時間を活用す…

職場で挨拶してますか?

今日は毎日、あたり前のように行っている挨拶のお話です。 目次 挨拶の語源 挨拶は略されて生まれた 挨拶しない上司 管理職向けにマナー教育をして欲しいとの要望は意外にある 教育する際は工夫が必要 挨拶の語源 挨拶は元々、仏教用語だったということご存…

成長に必要な「思い」と「つながり」

以前、「成長が止まる人と成長し続ける人の違いは何か?」という記事を書きました。その中で、経験から学ぶ力の差が成長の差に繋がるとお伝えしました。そして、経験から学ぶ力は、ストレッチ・リフレクション・エンジョイメントの3つの要素が重要だと解説…

AI時代のビジネスパーソンの学びを考える

お客様と雑談をしていると、AIに関するテーマが増えてきました。多くが、悲観的な文脈でAIを語られます。「AIに自分の仕事が奪われる」というものです。ただそういう文脈で雑談をする人は、自分が現役の時代はギリギリ大丈夫っとも考えているようです。私はA…

商品開発には3ルートある

前回、マーケティング戦略の策定について解説しました。今回はマーケティング戦略を実現するためのマーケティングミックスの中の商品開発についてポイントを解説します。 www.kumabou.com 目次 新商品開発は難しい 新商品開発は3ルート ニーズ シーズ アイデ…

マーケティング戦略の策定手順

前回はマーケティングの基本をサクッと解説してみました。今回はマーケティングの基本戦略を実際にどのように策定していくかをお伝えします。 www.kumabou.com マーケティングの基本戦略とは 一言で申し上げれば「自社とお客さまの交換の設計図」です。自社…

成長が止まる人と成長し続ける人の違いは何か?

今日はビジネスパーソンの成長に関わるお話です。以前、ビジネスパーソンの成長の7割は現場での経験とお伝えしました。しかし、同じような経験をしても伸びる人と成長が止まってしまう人がいます。その違いはいったい何でしょうか?今日はビジネスパーソン…

経験談は何故伝わりづらいのか!?

以前、人の成長は現場での経験が7割。上司や先輩からの薫陶が2割。研修等での学びが1割とお伝えしました。今回は2割に相当する薫陶に焦点を当ててみたいと思います。 目次 薫陶を受けるとは 薫陶でよく使われる経験談 細かな情報が欠落している 経験談が美化…

パレートの法則とわらしべ長者

今回は知っておくと、結構役に立つパレートの法則を紹介します。 目次 パレートの法則とは イタリアの経済学者であるヴィルフレド・パレート先生が1986年に発見した法則です。 「物事を構成する要素には偏りがあるよ。複数要素のうち一部で全量の大部分が占…

コンサルタントに必要な資質

私の仕事はビジネスパーソンの人材開発です。企業の依頼を受けて、その会社で働く人々の人材開発を行うために制度や仕組みに関するアドバイスをしたり、研修を実施することで人材開発の支援を行います。では、そのような支援を行うコンサルタントとはどんな…

苦手な上司のタイプ別取扱説明書 〜DiSC理論を応用する〜

前回、職場のコミュニケーションで役立つDiSC理論を紹介しました。今回はその応用版、苦手な上司への対応方です。 目次 上司をマネジメントする方法 残念な管理職が何故生まれるのか 上司は顧客、顧客は王様 大前提はホウレンソウ DiSC理論の確認 Dタイプの…

職場のコミュニケーションに役立つDiSC理論

職場のコミュニケーションが良くないとストレスが溜まりますよね。今日、解説するのは知っておくと職場のコミュニケーションに役立つDiSC理論です。英語が入っていますが、小難しい理論ではないので安心してください。 目次 DiSC理論とは 4つのタイプとは D…

シャーロックホームズになった気分で企業訪問してみる

仕事柄多くの企業に訪問させて頂きます。一部上場企業の大企業から、創業間もないベンチャー企業。エリアも東京はもちろん、地方のあちこちに出かけています。人材開発や人事施策のご相談を受けて伺います。人材開発は経営と表裏一体です。だから、企業へ伺…

マーケティングの基本をサクッと教えます

今日はマーケティングの基本について解説したいと思います。 目次 マーケティングとは何か? マーケティングを考える4つの枠組み 差別化とコストリーダーシップのどちらに軸足を置くか ゴールイメージが明確に描けるか 優れたマーケティング戦略 マーケティ…

中堅社員って誰だ?

ある程度の規模の企業になると階層別研修という研修が用意されます。分かりやすいのは、入社直後に体験する新入社員研修とか、管理職になった時に受ける新任管理職研修です。今日の話題は、そんな階層別研修の一つ中堅社員研修です。 目次 中堅社員って誰で…

考える力を養う

以前、ロジカルシンキングを鍛えるという記事を書きました。私が書いた記事の中で最もはてなブックマークを頂いた記事です。そこで今回は「考える力を養う」というテーマで記事を書いてみました。まずそもそも「考える力」とは何でしょうか。 www.kumabou.co…

微差は大差につながります

大企業では、階層別教育やスキル教育とは別に、キャリア研修というものを開催している会社があります。30歳、40歳、50歳という区切りの歳に開催されます。年齢で選抜されるので、役職や職種もバラバラです。企業でキャリア研修が開催されるようになったのは…

人に強くなる極意

人に強くなる極意 (青春新書インテリジェンス) 作者: 佐藤優 出版社/メーカー: 青春出版社 発売日: 2013/10/02 メディア: 新書 この商品を含むブログ (28件) を見る 元外務省主席分析官であった佐藤優さんの書籍。佐藤さんの書籍を読むと、この人は本当に知…

ヒアリング力を養う 後編 質問する技術

いよいよ最終回。ヒアリング力を養う後編です。今回のテーマは2つです。「メモを取る技術」と「質問する技術」 前回ご紹介したラポールを形成するまで出来ればヒアリングは8割は終わったも同然です。例え質問が上手くなくても、相手が話してくれますから。最…

ヒアリング力を養う  中編 ラポールを形成する

ヒアリング力を養う前編に引き続き中編です。今回は「ラポールを形成する」です。心理学では親密な人間関係と定義しています。ちなみに、ラポールとは「橋をかける」と意味のフランス語です。つまり、ヒアリング力の中でラポールを形成するとは相手が話しや…

ヒアリング力を養う 前編

私の仕事は、企業の人材育成を支援する仕事です。求められるスキルは多岐に渡りますが、お客様の話をヒアリングする力はとても大切です。ヒアリング力とは、単に話を聴くだけの技術ではありません。言葉以外の情報も含めて面談相手から情報を引き出すスキル…

成功を呼び込む力 〜セレンディピティ〜

成功を呼び込む力。皆さんは信じますか? 私はビジネスの現場においては、この「成功を呼び込む力」っ奴を信じています。 過去3度、仕事で絶対絶命に陥りました。企画をブレークスルーできる技術や人材が手元になく悪戦苦闘していました。見通しもなく無謀な…

報告が出来ない新人と、忖度を期待する上司

先日ある企業に伺った際、こんな相談を頂きました。「新人が指示を理解してくれなく困っている。どう指導したらいいんですか?」 もう少し状況を詳しくお聞きすると下記のような現象が起きていることが分かりました。 (1)上司が新人にきめ細かく指示し、分…

リーダーシップ・ チャレンジ

リーダーシップ・チャレンジ[原書第五版] 作者: ジェームズ・M・クーゼス,James M. Kouzes,バリー・Z・ポズナー,Barry Z. Posner,関美和 出版社/メーカー: 海と月社 発売日: 2014/05/02 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る…

新聞の読み方

私は新聞を毎日読みます。新聞なんていらないという人もいますが、私は160円程度の金額でプロの記者が編集した情報を読むのは、情報としては安いのではないかと思います。 購読しているのは二紙。日経新聞とwallstreet jurnalの日本語版(ネット) 日経新聞…

書く力 〜私たちはこうして文章磨いた〜

書く力 私たちはこうして文章を磨いた (朝日新書) 作者: 池上彰,竹内政明 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2017/01/13 メディア: 新書 この商品を含むブログ (2件) を見る タイトル通り文章のプロが文章の書き方のコツを披露してくれる本です。著者は…

ロジカルシンキングを鍛えるには

お客様から、社員のロジカルシンキングを高めるためにはどうしたらいいですか?と質問を受けることがあります。その都度、「職場で問題解決を1年間徹底的にさせてください。そして経営幹部からフィードバックを受ける機会を設けてください」と伝えています。…

私のタイムマネジメント

タイムマネジメントに関しては、これぞ!という本にはまだ出くわしていない。タイムマネジメントを得意としている同僚のコンサルタントから説明を受けたこともある。部分的には参考になっても唸るほど「なるほどー」までの体験はない。ということで、今回の…

説得力を高めるコツ

ビジネスパーソンは説得力を求められる場面が多いと思います。提案を通すために上司を説得、他部門の協力を得るために説得、部下に気持ちよく仕事してもらうために説得。どんな仕事も人との絡みがあるので、説得するスキルの獲得はビジネスパーソンは不可避…