クマ坊の日記

人材育成と本とサッカーが中心のブログです

仕事人生のリセットボタン

 

 

今日は書籍の紹介です。「仕事人生のリセットボタン」です。作者は400メートルハードルの日本記録保持者である為末大さんと、東大の准教授の中原さん。異色の組み合わせですが、40代より下のビジネスパーソンにオススメの1冊です。

 

目次

 

 

なんでこの二人で本を書いたのか

為末さんは元アスリート。中原さんは大人の学びを研究する東大の准教授。共通点は40代。なんでこの二人が本を書いたのか?それは帯にかかれた文章が端的に表現しているのでそのまま引用したいと思います。

安定した会社に入ったから「もう人生は安泰だ」なんてことはもはやない時代。本当にこれから給料が上がっていくのか?と不安に思う人も多いだろう。そうした状況でも生き抜くために、自分のこれまでの人生を振り返り、適切なタイミングで方向転換するための考え方を身につける必要がある。若いうちに仕事をリセットしなければならないアスリートの言葉と人材育成を研究する学者の言葉が交差するところに、そのヒントがたくさん詰まっている

一流アスリートである為末さんの経験を、人材育成の専門家である中原さんとの対話を通して言語化しビジネスパーソンにも役立つ知見を引き出してくれている本です。

 

7割くらいのときに「もう終わりだ」を感じろ

為末さんは、スポーツ選手が引退を決断するのは、「一言で言うといかに損切りをするか」と持論を述べます。今まで自分に投資してきたものを考えて、引退するかどうかを考えるとのことです。そしてスポーツ選手は活躍できる期間が短いため、引退する前から準備することが大切だと言います。

なぜならアスリートは練習して大会で活躍することでスポンサーがつくの繰り返しです。しかし、結果を出し続けるのは至難の技だし、引退すると過去の名声や知名度を保つのが難しいからです。

だから現役の時から文章を書いたり、アカデミックな世界で勉強したり準備するのが望ましい。でも多くの現役アスリートは競技生活でいっぱいいっぱいなので、他の経験が圧倒的に少ない。(他の経験とは勉強とか仕事の経験を指します)そのため、せっかくアスリートとして輝かしい結果を残せたとしても、その経験を引退後の第2の人生で役立てることができない人が多いと言います。だからこそ、為末さんはピークに達する手前の7割ぐらいで、次のことを考えてしまうそうです。

これは働くビジネスパーソンにも当てはまることです。専門スキルを高めていってもどこかで限界を感じることが普通です。ラインを出世していってもやはりどこかで限界にぶち当たります。限界にぶち当たってから次のことを始めようと思っても遅かったりします。新しいスキルを身につけたり、人脈を築いたり、新たなビジネスを始めようと思ってもどれも一朝一夕には実現できないからです。

為末さんのアスリート経験を聞きながら、中原さんもこんな持論を展開していました。

たぶん、人生にはいくつかの上り坂やピークが何回もあるんだと思うです。僕の持論は、「ピークの下りはじめになってから、次は何をしようかって考えるのは遅すぎる」というものです。ピークのど真ん中で考えても遅すぎる。人生において、次に何をするかは、ピークの上り坂の七合目くらいで考えはじめてちょうどいいと思っています。

 

自分のキャリアを考える

私も為末さんと中原さんの考えには共感します。もっとも人は何歳になっても成長できると考えてもいるので、遅すぎるということは全員には当てはまらないと考えます。しかし、ピーク過ぎてから次のことを考えるのはパワーがいるのは間違いないので、ピークの7割ぐらいから次のことを準備した方がいいと思います。

日本人はキャリアチェンジを考える時に、退路をたって新しいことにチャレンジすることを潔いと考える人が多いような気がします。でも、ゼロか1かと極端にキャリアを振るだけが良い選択だとは思いません。自分の収入源や得意技をキープしつつ、恐る恐る新しいことに少しづつチャレンジするのもありだと思います。年を取るにつれ守るものも増えてきますから。恐る恐るだから時間もかかります。それゆえ次のキャリアの準備をする時間が必要なんだと私は考えます。

 この本は、これから長いビジネスライフが始まる20代、職場の中核になり脂が乗ろうとしている30代、そして私と同じ40代のビジネスパーソンのおすすめの本です。年末年始にこの本を読みながら、自分自身のキャリアについて振り返り、まだ見ぬ将来に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

今年のクリスマスプレゼント

今日はクリスマス。娘がサンタさんにお願いしたプレゼントはこちら。ミラクルちゅーんず!クリスタルメロディボックス。あと何年、サンタクロースの存在を信じていてくれるのだろう?

娘は朝起きたときに、きっと目を輝かせてくれるでしょう。残念なのはその頃には出社しているので、その姿を見れないことかな。

さあ、仕事納めまで後4日。頑張ります。

 

ミラクルちゅーんず! クリスタルメロディボックス

ミラクルちゅーんず! クリスタルメロディボックス

 


『ミラクルちゅーんず!』TV-CM

 

 

さあ決勝だ!


天皇杯準決勝 柏レイソル×横浜F・マリノス ハイライト ダイジェスト MVP 飯倉大樹!!

天皇杯の準決勝、横浜F・マリノス柏レイソルに見事逆転勝利しました。立ち上がり強烈なロングシュートを決められました。その後もレイソルに主導権を握られっぱなしでしたがチームはよく耐えました。

 

後半、怪我で負傷した扇原に変わって伊藤翔が入ったことで中央でボールが落ち着くようになってきました。そして、入りはしませんでしたが、カウンターからの山中がミドルを打ったあたりから試合の流れが変わってきました。下平からの見事なクロスからの伊藤翔が同点ゴール。

 

そして延長でのウーゴの決勝点。ウーゴは生粋のストライカーですね。あそこで見事なトラップからゴールを決めてくれました。

 

一方、守備で立ちふさがったのはGKの飯倉。最初にロングシュートを決められた時は、今日は飯倉の日ではないかもと一瞬感じました。(ごめんなさい)その後の神がかり的なセーブは凄かった。特に最後の最後に、キムボギョンのオーバーヘッドを右手一本で抑えたセーブは、キャプテン翼の若林かと思いました。

 

エースとGKの活躍が光りましたが、それ以上に印象に残ったのは中町。勇気をもって前からボールを奪取する姿は感動すら覚えました。ボールを奪うだけでなく、視野広くボールを配給できていました。先制点取られて、相手に攻められて劣勢を強いられるなか中町の我慢強いプレー、そして勇気ある前線への飛び出しが少しつづチームの流れを引き寄せたように私は見えました。

 

何よりチームもスタッフも一丸になって戦えていることに感動したし、勝利できて本当に嬉しかったです。今年のチームを象徴するように、今日の試合の最中も選手が成長していると感じました。

 

さあ、元旦の決勝です。ギリギリの戦いからさらに成長する姿を私たちに見せて欲しい。そして天皇杯を空高く掲げて欲しいです。

 

エリクと勝ちたい

横浜FM:エリク モンバエルツ監督 退任のお知らせ 
 

 

今日は天皇杯の準決勝。久しぶりの横浜Fマリノスの試合。今年最後の試合。

 

監督のエリクモンバエルツは今シーズンで退任が決まった。3年間指揮を務めてくれました。若手への世代交代に尽力を尽くしてくれました。若い選手達を我慢強く指導することで選手層の底上げにつながりました。フランスから横浜にやってきたこの指揮官とその仕事ぶりに敬意を表します。

 

だからこそ、もう1試合エリクと一緒に闘いたい。天皇杯の決勝で闘いたい。だからチームには今日は勝ってもらいたい。PK戦でもオウンゴールでもなんだっていい。

みんなで闘いに行きましょう。

ダイニングチェアが我が家にやってきた

我が家に一足早くクリスマスプレゼントがやってきました。以前から切望していたダイニングチェアが二脚やってきました。

www.kumabou.com

 

ぺぺアームチェア

f:id:kumabou2016:20171221034618j:image

 木部は楢です。

 

NO42 

f:id:kumabou2016:20171221034858j:image

 木部は欅です

 

シルエットも座り心地も最高です。座っているだけで幸せな気分に浸れます。家族三人の食事の時も、妻と2人でお茶する時も、娘が本を読んだり勉強する時も、この二脚のダイニングチェアは名脇役として活躍してくれるに違いありません。我が家に来てくれてありがとう。

雑談が苦手

最近、若い子から「雑談ってどうやってしたらいいんですか?」と真剣に質問をされることがあります。今日は雑談について考えてみたいと思います。

 

目次

 

雑談とは

辞書で調べてみると、様々なことを気楽に話し合うこと。となっています。雑談が苦手な人からすれば、初対面の人と何を気楽に話せと言うんだ。そもそも気楽に話せないから困まると言われそうです。

 

私も雑談は苦手です

若い部下の悩みは、お客さまを訪問しても雑談ができないで本題から切り出してしまうとのことでした。くま坊さんは同行すると雑談上手なのでコツを聞きたいとのことでした。でも、この部下は根本的に誤っています。私は本来、初対面の人と話すのが苦手です。人と話すのが仕事なので止むに止まれず工夫しただけです。工夫しているの3点です。

  1. 雑談のネタを予め用意しておく
  2. 質問を多くする
  3. よくうなづく

雑談のネタは、新聞ネタ、天気ネタ、食べモノネタ、子育てネタにしています。初対面の人には、だいたい天気ネタです。そもそも初対面の人とは、雑談はあまりしません。仕事とは関係ないこと話されても嫌でしょうし。礼儀正しい印象が伝わることだけ注意しています。

逆によく知っているお客さまとは、雑談を多くします。お客さまの関心事や志向が理解できているので雑談のネタはあまり悩みません。また、お客さまの好きな雑談ネタで自分が体験したことを中心に話すようにしています。

また、雑談の内容以外の事に意識を払います。真正面ではなく、斜め前に座るとか、相手の話すペースに合わせるとか、笑顔で話すとか、よくうなづくとか、相手の話を聞く時は姿勢をちょっと前傾させるとか。雑談の目的は相手とのコミュニケーションを円滑にすることです。面白い話が出来なくても、信頼してもらえる雰囲気が出来ればいいぐらいに考えています。

 

娘の友達の親との雑談に苦労する

ビジネスでの雑談は慣れているのですが、娘の友達の親との雑談は緊張します。共通の話題が、娘の事、幼稚園のことだけですから。ママ達は良く知っている間柄だからいいのですが、パパはいきなり初めましてですから💦

バーベキューとか初対面なのに長時間一緒に過ごす時は超緊張します。話題がなくなると、肉の焼け具合とかどうでもいい話してますから。あまり話が弾まないと、帰宅してから妻の駄目だしが入ります。「暗い!つまらない!楽しい話題は提供できないのか!」ごもっともです。何回か会うと仲良くなってパパ達だけで飲みに行ったりできるようになるんですけどね。

 

日常生活では役立たず

雑談の話から横道にそれますが、そもそも日常生活で私が生業としている人材育成なんて何の役にも立ちません。それより日曜大工が上手いとか、料理ができるとか、釣りがうまいとか、運動会で足が速くて活躍できるとか、楽器が弾けるとかの方がよっぽど重要です。キャンプが好きなので、キャンプ場では多少活躍の場があるのが救いですが。。。

自分の老後が心配です。

対立のススメ

2日前の日経新聞で、スマートワークに関する特集が組まれていました。多様な働き方が生産性を高めるという論調でした。今日はビジネスパーソンの働き方について、感じたていることを述べてみたいと思います。

目次

 

 

働き方改革が始まった

日本の労働人口の急激な減少から、安倍政権は「1億総活躍社会」や「人づくり革命」などのキャッチコピーで様々な施策打ち出しています。

年金制度も破綻しているし、日本人は生涯現役で働いてもらわないと国が立ちいかなくなるんだなと感じています。しかし、安倍首相のブレインはこんなキャッチコピーしか考えられないことに愕然とします。まずは、政府自身がもっと活躍してくれ。人様を革命する前に、自分を勝手に革命しとけとかボヤきなるところです。

もっとも、企業自身も人手不足が深刻です。そこで、女性や外国人やシニアを取り込んで企業の活力としようとするダイバーシティ経営を推進する組織が増えました。ダイバーシティは多様性を意味します。様々な価値観、働き方を認め活用していこうということです。

 

多様性だけでは、混乱するだけ

ダイバーシティの推進によって、昨日の記事で書いた女性活躍等が数年前から始まりました。外国人の採用を増やす企業も増えてきました。在宅ワークなど新しい勤務形態形態も誕生しました。しかし、多様性を推進していく中で分かってきたことがあります。単純に多様性を推進するだけでは、現場は混乱するだけで新しい活力を産むことはできないということです。

考えてみたら当たり前で、組織の人員構成を多様化させても、圧倒的マジョリティーの社員の働き方や考え方が変わらなければマイノリティーは働きづらいままです。また、そもそも多様な価値観や働き方を志向する人達が集まるので、ダイバーシティを推進すればするほど組織がバラバラになるのは明らかです。

 

www.kumabou.com

 

忖度よさようなら

かつての日本企業の強さは同質性でした。同質だからゆえできた、阿吽の呼吸、根回し調整、過剰な忖度。個々人の力は弱くても集団になると他国にはない強さを発揮してきました。しかし、前述したような多様性を活かす経営を進めようとしたら今までの日本企業の強みは弱みとなります。多様性の前では、波風を立たせない組織運営は通用しません。だって、価値観も働き方も違うのだから。むしろこれからは、良い意味で組織内の対立をススメるほうが良いと思います。異なることが前提で、考えていることを言葉にしてぶつけ合う。対立を通して新しい価値が生まれてくるのではないでしょうか?

ただ、日本人は建設的な対立に慣れていません。会議の場でいいたいことを言ったら、後味が悪くなり人間関係もギクシャクします。ダイバーシティが定着するまで、職場はよりストレスフルな状態になるんでしょうね。💦 

 

娘が社会人になっている頃は、いったいどんな社会になっているのだろうか。。。

 

 

対立のススメ